フォト

カテゴリー

« 斑尾フォレストトレイル◆完走記その1 | トップページ | 斑尾フォレストトレイル◆完走記3 ゴール »

2008年10月 8日 (水)

斑尾フォレストトレイル◆完走記2 レース中盤で何が?!

スタート~レース前半20081005043724_5
朝3:30にRinkoちゃんが起床。お腹がすいた様子?!私は音を聞きつつも4時までうとうとする。ぱぱっと用意して4:40のバスで10分弱の朝食場所ハイジへ。緊張のせいか睡眠時間は浅かったけれど、思いのほか元気です。
Dcf_0045_2今回は食事は全員全部一緒で、ペンションで食事する事は一切ないのです。
外はまだ真っ暗です。


食事を済ませ、全く並ぶ事もなくトイレも済ませ、快適に準備が出来ました。このレースは設備面でも◎でした。

Img_9642ちょっと外に出てみました。
靴が気になっている私。靴の強さがどうもしっくり来ない。。結局20kmぐらいまではこの違和感に悩まされる事になるのです。。紐がキツイのか足が痺れてました。
でもトラブル発生からは、そっちにはまるで気がいかなくなりました(笑)

Img_9638
石川さんに最後のパワーを貰い、スタート地点へ。
Rinkoちゃんは15kmなので1時間後のスタート。私達4人を元気に送り出してくれました!これから7時間以上の1人旅が始まります。ちょっと胸が苦しくなりました。
Dcf_0048
スタート地点で最後に走り降りるだろうゲレンデを見上げる。本当に私は帰ってこれるのか不安になります。。


Dcf_0047 そして6:30スタート!
「午後に必ずここに帰ってきて!」という石川さんの声が聞こえます。走り始めると胸の高まりも収まり、もうあとは走るだけ。一歩一歩進むだけ!苦しんで楽しんで帰ってこようsign03

走っている間の事は本当に曖昧です。色んな思いが入り混じってはっきり思い出せないのです。多分他の方の完走記と比べると、前後したり間違っていますが多めに見て下さい。

序盤はずっと登りです。走り始めてすぐにあっきーは見えなくなりました。私は抑え目で登りましたがそれでも息が上がる。。登っても登っても、緩やかな走れる登り。無理することはなく、でも頑張って走れる所は走りました。
林道に入る。そこまで一緒だった
Junさんがあっという間に見えなくなりましたsweat01そこにいる誰よりも速く、そして神々しかった!美しかった!次々と抜いていく姿。。走れるのは本当に素敵ですshine誇らしく思ってる間に自分が走れという感じではありますが。。sweat02

Junさんに貰っていたウィグライプロを飲む。今回は1時間ごとにウィグライとアミノバイタルを摂取するようにしていました。
誤算だったのはスタート前に飲んだコーヒー2杯。最初の二つのエイドでトイレに連続して行く破目になりました。

10kmぐらいの所で右の脹脛がピキッとなりました。慌てて塩を摂取。私はもともと攣りやすいのですが、いつも足の指から始まります。この部分に最初にくるのは珍しい。そっと走ればすぐ治るのですが10kmで攣りそうになるのは少し早すぎる???とりあえずゆっくり走り続けました。
手を着かなければ登れないほどの直登をいくつか越え、時々景色をみつつ進みます。
20081005104958石川さんの絶景ポイントのコメントを見ては必ず止まってみました。山のけい線が本当に綺麗だった!写真は残念ながらうまく撮れませんでしたが(涙)なんだこれ?・・って感じでしょsweat01


斑尾山頂上までやっと来ました。これからはしばらく下り基調。やっと私の時間だ~happy02
気持ちよく飛ばすup先は長いからセーブしては居ましたが、気持ちよくて自然にどんどんスピードがあがっていたと思いますshine
志賀野反、富士山麓どちらも僅差だった
nomaちゃんが居た!nomaちゃんをライバル視している訳ではなく、登りが超苦手な私が、下りを頑張った事によって、登りの得意なnomaちゃんに並べ、やっと人並みに成った気がして嬉しいのですshine
楽しい~~~note数分下り続けました。もうちょっとで第一関門です。23キロぐらいの地点の事でした。

…あれ?
足がこわばってきた?
膝もガクガクして動きづらい??
止まってみる。。数歩歩いた途端、激しく攣りました。
両足いっぺん。特に右足の痛みが強い。
立っていられなくなり、座り込む。呻く。自分では伸ばせない。。

誘導の係の方がいらっしゃったので伸ばしてもらいました。大変助かりました。
そして石川さんも丁度そこでみんなに声を掛けている所でした。
決して狙ってそこで攣った訳ではありませんよ。。。
石川さんに伸ばしてマッサージしてもらうこと10分くらい。下りで数十人は抜かしましたが、その倍くらい抜かされましたcrying

石川さんに、あとちょっとのエイドまでなんとか降りてムサシとパワーバーを補給するように言われました。「時間はまだ十分ある!落ち着いて!」心強い励ましを頂きました。そして立ち上がり、なんとかエイドまでたどり着きました。
ムサシをがぶ飲み。そしてバナナやパワーバーを食べ、アスリートソルトも舐め。。アスリートソルトは攣りそうになる度に食べていたので、この時点で20粒は食べていました。。
トイレで深呼吸。
休んだら痛みが少なくなったのでスタートする事にしました。
まだ半分も来ていません。走りながらちょっと涙ぐみましたがぐっと堪えました。涙が出ると息が苦しくなるし、今は泣いている場合ではないのです。そんな体力があったら一歩でも先に進まないとpunch
でも心の中は不安が渦巻いていました。私は完走できるのか。。そんな思いで混沌としていましたweep


3へつづく
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ←参加していますcake

« 斑尾フォレストトレイル◆完走記その1 | トップページ | 斑尾フォレストトレイル◆完走記3 ゴール »

山レース*斑尾Forest Trails」カテゴリの記事

コメント

なんと!足が攣ってしまうハプニングがあったんだね(汗)
読んでて『うわっ痛い!』ってなっちゃったよ(T▽T)

続き楽しみにしてるね♪

うわ~かおちんさんっ!!
すでに私もウルウルです‥(涙)。。
(まだ早いけど)完走できて本当に良かった!!
何だかこの先を読むのが怖いような気もしますが‥
続き、待ってますっ!

うむ~、脚が攣ったのは聞いていましたが、途中そこまで苦しかったとは・・・、しかししっかりと石川さんに直接マッサージをされていたなんて!!(^^)! 確信犯?w
やっとゴール後の愛の抱擁を理解出来ました♪
 
まだまだ中盤戦、後半の愛の行方はいかにっ!

私も二度目のフルを走った時に途中で両足攣りました。
おまけに背中まで・・・。
一度攣ってしまうと、その後も怖くって本来の形では走れませんよね。
苦しかっただろうし、悔しかっただろうし、涙も充分わかります。
でもよく頑張ったね~。この時点ですでに感動です。
続き、楽しみにしています。

トレイルの50㎞はさすがに多くのドラマが待っていますね。ゴールに向かって黙々と前進していく姿は感動します。続編を楽しみにしてます。頑張って書いて下さい。

★チェリーさんへ

軽い肉離れだったみたいで今もまだズキズキするよ(^^;; 半分地点だったから完走できないかと本当に焦った。。。

★RUNツマさんへ

ほんとよかったですよー(^^;)斑尾に行って完走できなかったら東京に帰りたくなくなっちゃう。。
50kmは長いから思い出すのが大変でレポもなかなかすすみませーーん(^^ゞ明日の朝にはUPできそうです♪

★ココタビさんへ

そう、マッサージでとっても楽になったよ!意識はなくても体が反応して石川さんの前で攣ったのかも?(笑)でも山の中じゃなくてよかった。。山の中だったら転げ落ちてたかも~!
愛の行方。。お楽しみに!!

★一路さんへ

攣った時は本当に頭の中がぐるぐるしましたよ(@_@;)いろんなことが渦巻いた。このまま下山の自分や、ゴールにてみんながゴールするのを待つ自分とか。
でも結局よくなって走れたので良かったです!完走できて何より嬉しかったです!
続きはもうすぐUPできまーす!

★遊楽さんへ

トレイルっていつもドラマがありますね。志賀野反の私たちにドラマがあったように。。
だからまた行きたくなっちゃうのかな。
一歩一歩ゴールに近づいていくのって苦しい事も多いけど楽しいですね!
ロードもトレイルも、これからもたくさん楽しんでいけるといいですね!一緒に楽しみましょう♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538045/24347400

この記事へのトラックバック一覧です: 斑尾フォレストトレイル◆完走記2 レース中盤で何が?!:

« 斑尾フォレストトレイル◆完走記その1 | トップページ | 斑尾フォレストトレイル◆完走記3 ゴール »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今後のレース予定

Favolite


無料ブログはココログ