フォト

カテゴリー

« 信越五岳トレランレース★ペーサー記 その2 | トップページ | 信越五岳トレイルランニングレース★雑感 »

2009年9月25日 (金)

信越五岳トレランレース★ペーサー記 その3

2人でゆっくり走り始めた。焦る事はない!まだまだ先は長いんだ。
私は、上野さんがオーバーペースで潰れる事を一番恐れていたので、後ろから上野さんのペースで走り、「上野さん、ゆっくり~」と囁きながら走っていた。登りはもちろん歩き。そして下りと平坦はゆっくり走る。
・・・・・・しばらくはそんな感じだったが・・( ̄Д ̄;;

090922_174020そんな時、上野さんが「あっ!」と叫ぶ。
「なになに??どしたのー?」と聞くと、私があげたスポーツビーンズで銀歯が取れたというsweat01
「なーんだ、もっと重要な事かと思ったよ~┐( ̄ヘ ̄)┌ ライトを忘れたとかさぁ~。銀歯は取れても痛くもないし大丈夫大丈夫!」と言い、また歩み始めたtyphoon

上野さんは案外走れてた。登りは私同様苦手なものの、平坦と、特に下りは普通にジョグできている。

17:30頃には少し暗さを感じ始めた。立ち止まりライトをセットししばらくそのまま走り、そして暗くなった所で点灯flair
スタート前に、私のライトの電池はまだまだあったが、途中での電池切れを恐れ、ヘッドもハンドも新品電池に交換していたclip

走っているうちに、どうも上野さんのライトが暗いのが気になる。全然照らされていない。試しに私のライトを全部消してみると真っ暗(-_-;)
ナイトランの経験からも、暗いのはとても疲れるのを知っているので換えさせた方がいいと思い、促す。
「ライトの電池、早めに換えた方がいいかもね」
上野さん「見えるから大丈夫~scissors
「暗いと疲労溜まるよー」
上野さん「見えるから全然平気~good
なかなか変えようとしない。あまりに私が何度も言うもんだから、ボソボソ話し始める。
上野さん「ライト、一昨年のおんたけと富士登山で使って電池変えてないからなぁ~」
「(・_・)エッ....????」
上野さん「換えの電池も新品じゃないんだよねぇ~」
「・・・・・・・・∑(゚∇゚|||)」

今考えてみれば、私がライト2本持ってるからそれでよかったと思えばよかったのかも。上野さんも一人じゃないとわかってるからこそ少し安易になっただけだったのかも。でもその時はそう思えなかったdash上野さんのモチベーションが下がるから今言うべきじゃないと思い口を噤むが、ヒタヒタ登りを歩いているうちにだんだん頭に血が上ってくるbomb

そしてとうとう言ってしまう。
「もし私がいなくて、電池が切れて、換えの電池もなくなったらどうなると思う?遭難だよ?!ε-( ̄ヘ ̄)┌」
「100kmを走る走れないとか、ヘタれる頑張る以前の問題だよ(-ε-)」

そしてダメ押し。
「上野さん、トレイルを走る資格ないよ(`◇´*)」

私は間違った事は言っていないと思う。でも言い方(キツイ)タイミング(言ってもしょうがないのに終わるまで何故我慢できなかったのか)そして何よりもくどい(レースの所々まで引っ張る
でも上野さんは私の言葉を素直に受け止めていた。おだやかで性格がいいのだcrying
だから今回これは、自分への戒めとして書いている。
我慢しきれなかった過ちを赤裸々にclip今、心から悪かったなぁと思っているから。

上野さんは素直に「そうだね、次からちゃんとするよ」と。
「いいライト買うよ」という上野さんに「ライトの問題じゃない。電池を持ってこなかった事が問題で、準備をちゃんとやれってことだよ(-ε-)」キツイよね。。体もしんどいのに精神的なダメージも与えられて、ほんと上野さんじゃなかったらペーサー解雇されてる所だと思う(@Д@;

まぁ言ってしまえば忘れて普通に話し始める私なのだが。。
そして上野さんが前だと暗くて見えない為、ここからは私が先導する事になる。上野さんに私のハンドライトを渡した。間が離れないようにペースを考えながら。広い道は横に並んで話しながら進む。
本当に熊が出そうな道だったり、お地蔵さんがあったり、2人じゃないと怖そうだった。
「ペースを落としてもいいから動こうね」
「上野さんは出来るの私は知ってるよ。足、生きてるよ」
「ラグビー時代を思い出したらそっちのが辛いでしょ?」

もうありとあらゆる事を話してゴールに向わせようとした。思い返せば、走ってる時の自分の足の具合や状態についてはまるで気にしてなかった。景色は、モヤがあったこともあるけどほとんど覚えていない。常に上野さんの状態と2人の距離と上野さんの息が荒いかどうか、そればっかり探っていた。

何が食べたいか聞いて、ザックから色々出す。上野さん「食べ物たくさん持ってるんだね~(*^m^)」 「何いってんの、上野さんのために持ってきたんじゃない。それなのに上野さんは自分のこともちゃんとやらないで~(# ̄З ̄)」
また言ってしまった( ̄Д ̄;;

90kmの第三関門を越えてからが本当にきつそうだった。私もおんたけウルトラでそうだった。走る事が辛いのではなく、もはや歩いていても辛くなる。動くのがいやになるのだ。
「走っても歩いても辛いなら、走って早く着こうね」と促す。
でもここからは強さを見せてくれたshineshine

最後のエイド、お蕎麦とお稲荷さんとじゃがいも、コーラ、スープをいただく。のまちゃんがいて、先にいったみんなの様子を聞けた。
私はちょっとここで食べ過ぎたようで、お腹が痛くなった。ガスター10を飲むが、久し振りだったので一度に何錠飲むのか忘れて2錠飲んだ。帰って見てみたら間違ってるし(-_-;)あんだけ上野さんに言ったんだから自分もちゃんとしなよと心の中で突っ込む。

飯綱山・・・苦手な登りだ。90kmを走ってきてから大きな段差の大きい岩場を登るのは本当にきつかったと思うbombペーサーはそこまで25km。私の身体は元気で、登りが苦手な私でも回りと比べると驚くほど登れた。やっぱり100kmってハンパじゃないのだflair4km程上がり続ける。上野さん、本当にきつそう。数人に抜かれるが気にしない気にしない。我慢我慢で登る。上野さんにはこれから下りがあるからね!
そしてあがりきって折り返した所で石川さんの声が!
その先の道の指示と「下りで選手を焦らせないでね!」とアドバイスをくれた。確かに焦らせてたかも( ̄◆ ̄;)

下りが始まると相当のガレて急だ。人が数珠繋ぎになっているところで抜こうか迷う。
上野さんに確認してみる。
「どう?いけそう?行こうか?!」 上野さん「うん、行こう」
ガレてて、一枚岩が多く、滑って怖いトレイルだったけど、みんなが走れない下りこそ一番抜かせる場所で楽しいと私は思っている。ちょっと走ってみると着いてこれるみたい。ペースを上げて下りよう!
そこからは50人ぐらい抜いたんじゃないかな?2人でどんどん前に追いついては抜かした。「すげー」という声が聞こえた。嬉しいよね!上野さんhappy02
でも段差が大きかったから本当に辛かったと思う。遠くにいても聞こえるほど息は荒かったけど付いてこれるギリギリのスピードで下り続け足を止めなかった。上野さんが止ると「行くよ!」と声をかけて・・私は本当にスパルタbombだった。上野さんの持つ力を全部出したかった。途中上野さんが「もうちょっと優しくお願いしますね・・」と小さな声で言っていたcoldsweats01

くじかないように注意を払って常に私は声を出していた。
「根っこだよー」「ぐちゃっとしてるよー」「滑るよー」
そのたびに「OK-!」と返事が返る。きっと返事も面倒になっていたはず。
必死に願っていた。(絶対踏み外さないように踏ん張ってね、あとちょっとだからね)

やっと長かったガレ場の下りは平坦になった。
最後900mというおじさんの嘘を見抜いて( ´艸`)プププ、3kmほどになってから、もう行けると確信!
ここからも更に上野さんは強くて、キロ6分ちょいぐらいで走っていた。きっと私が100km走って来たなら、そのスピードで絶対に走れてない。ここからも数人抜かした。
上野さんがダッシュしようとするのを静止する。「まだ早い!」・・・可哀想な上野さん。。もっとペースメイクさせてあげればよかったcrying
ここで足が攣ったら・・・捻挫したら・・・ ずっとイケイケだった気持ちが安全な方向に切り替わってゴールへの欲が出たcoldsweats01

そしてとうとうあと500m!ここで初めて足が重いのに気づく。ペーサーでも山の35kmだもんな~、長いよな~。ずっと上野さんの事しか考えられなかったもんなconfident
アナウンスの声が聞こえてきた。上野さん、すごいよhappy02!! 一瞬ウルっとくるweepでもすぐに自分が笑顔になったのがわかった。「上野さんゴールだよ!」と上野さんを私より前に出す。でも結局手を繋いでゴールshinemotorsports本当に嬉しくて嬉しくてしょうがなかったshine
ペーサーをやってよかった!楽しかった!!上野さん、ありがとうhappy02そして本当におめでとうshine

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ→クリック感謝ですbirthday
にほんブログ村

« 信越五岳トレランレース★ペーサー記 その2 | トップページ | 信越五岳トレイルランニングレース★雑感 »

山レース*信越五岳2009」カテゴリの記事

コメント

なんか私までうるうるしちゃいました。
ペーサーお疲れ様、そしておめでとう!!

いやあ、ペーサーとしてのかおちんの思いが伝わる力作を読ませて頂きました。
かおちんの言ったことは全て「正論」です。参加者は、参加するうえで必要な装備や準備は自己責任において行うべきであり、その安易な姿勢に対してはペーサーと言えどもビシビシと指摘するのが本来の姿だと思います。
ところで、もし来年私が参加するとした場合、かおちんにペーサーをお願いするかな?独りの方が気が楽かもしれないし…。
いずれにしても、かおちんがペーサーの役割をしっかり果たしたことは間違いないと思います。どうも、お疲れさまでした。
追伸
この前の日曜日、「雁坂」を無事時間内完走しました。

こんばんは。初めてのコメントです。
信越ペーサーお疲れ様でした。
ペーサー記、とっても楽しく、そして感動的に読ませていただきました。
私は、万年初級者のランナーですが、この頃は、応援することにはまっています。
チャレンジする人を見ているのが好きで、ついつい応援したくなってしまいます。
また、頑張る人からはいつも私自身がパワーをもらっているような気がします。

こらからも様々な場面で、お会いすると思いますが、よろしくお願いします。

楽しく読ませて戴きました。
人それぞれの価値観やペースがあるから難しいとこですね。
何かが起こってからでは遅いので、いいアドバイスだったと思いますよ。
万全な体調でなかったにも関わらずお疲れ様でした。

本当にお疲れ様!

厳しい事を言ったのは、トレイルの楽しさも厳しさも知っているからこそ言えたことだと思う。思っていてもなかなか言えない人が多いと思う中、それをズバッと言えたのは、凄いと思う♪

かおちんがペーサーだったら、あと2時間早くゴールできたな。


ペーサーの大切さとたいへんさが伝わりました。
自分もいっぱいパワーもらいました。
ありがとう。お疲れさま!

選手じゃないとはいえ、35kmとはいえ、十分にキツイことは事実と思います。
時に冷静に、時には厳しく!
ペーサーさんとしての仕事、存分に果たされたようですね!
お疲れさまでした!

感動しました。
あのコースでこんなやり取りを
続けて上野さん かおちんが
フィニッシュを迎えていたんですね。
たくおやじはペーサーなしだったけど
最後は竹腰師匠 関屋さんが
そして選手、ボランティアの方々も
たくおやじのペーサーのようでした。
信越に出てよかったと改めて思いました。
お疲れ様でした!

ペーサーお疲れさまでした!

最後まで読んだら感動して涙が出てきたよ

このレースにペーサーがある事を始めてしったけど、レースに出た人と同じぐらい感動したのではないですか?

本当にお疲れさまでした!

パーティー会場であいさつさせていただいた者です。おんたけウルトラの時はみやまで同宿でした。

今回の大会で「ぺーサーって本当に必要なの」と感じたのですが、実際に同伴者を励ましているケースや、かおちんさんのこの日記を読んで、これからも継続すべきものだなと感じました。

それにしても、「全部走れるコース」ってウソですよね。第二関門以降だけのランであっても、全部走るのは神業です(苦笑)。

★レイさんへ

頑張ってる選手を傍らで自分も走りながら応援できるのは最高でしたよ!
ありがとう(o^∇^o)ノ♪
色んな参加の仕方があるんだなーと思った!

★かじやんへ

正論であっても、言うタイミングが大事なのだと反省した次第です(-_-;)彼のレースをちょっと苦いものにさせてしまったことが気がかりで。
山は本当に恐いしね。私自身も恐い想いをしたことがあったのでついついね^^;
でも完走してくれて喜びをくれた選手に感謝です!すっごく楽しい信越でした!
ペーサーは、絶対いた方がいいと私は思ったよ。やっぱりペーサーがついている人の方が元気があった。しんどいときにちょっと頼りがあると気持ちも違う気がするよ。
だから来年私もペーサーみつけて参加する予定です♪
雁坂完走おめでとう!!信越にも雁坂に出た人が出ててたまげたよ(-_-;)

★poohさんへ

応援にはまる気持ちわかります!!私もチャレンジする人を見ると嬉しくなるもん。パワーたくさんもらってますよね!
poohさん達の応援隊はすごいよね!選手が相当気が楽になって助かったと思う。これからも力強い応援を期待しています!それを見ている私もとっても気持ちがいいから(o^∇^o)ノ

★ホシヲさんへ

よく知ってる人だったから言えた事だけど、きついしレース中だから私が悪かったと今でも思っています(-_-;)
終ってから言うのがベストだったんでしょうねー(-_-;)反省です。
また頑張って走っていくのでホシヲさんもね(o^∇^o)ノ

★焼ちゃんへ

性格がきついんだよね(-_-;)ほんともうちょっと優しく言えればよかったと今でも悔やまれるよ~。
でも、これがなかなか。。きっとこういうシチュエーションにまたなったら言っちゃうんだろうなぁ(@_@;)

★ねごっち

ねごっち速かったね!!私がペーサーだったらおいてかれちゃうよ(笑)
ペーサーは大変だったけど本当に面白かった。レースに出なければまたやりたいと思う。来年走る時はペーサーを必ず探したいと思っているよ。
こちらこそパワーもらってるよ^0^選手の頑張りは何よりも回りを元気にさせてくれるよ!

★かなけんさんへ

ありがとう(o^∇^o)ノ頑張ってきましたよ! 35km走ったのに、そんな感じがしていません。ずっと選手の事ばかり考えていたからかな?
とにかく楽しい信越でした!

★たくおやじさんへ

同じコースでこんなやりとりがされていたとは思わなかったでしょ(-_-;)上野さんは辛かったよね^^; でも、完走してくれてすごく嬉しかった!!
たくおやじさんも回りにたくさんの仲間がいるから、それが本当にペーサーだったんだろうね。
信越は素晴らしかったね!
また行きたいな!!!

★おやじランナーさんへ

ペーサーはおまけのような感覚かと思いきや、本当にどっぷり信越を堪能した感じです~。すっごく楽しかったし、忙しかったし、色々考えて頭がぐるぐる回ってたよ。
ペーサーシステムの導入はすばらしいものだと思う。
とくに100kmトレイルはきついし長いし、夜だし。。ペーサーがいた方がきっとずっと楽なんだろうと思います。
ありがとう(o^∇^o)ノ

★しらちゃんへ

みんな疲れ果てて話しをしないで黙々と歩いてしまう時間がありますよね。そんな時にペーサーだけは元気でみんな励ましていましたもんね。
それを導入した石川さんは偉大です。トレイルが一層楽しめるものになりますよね。
「全部走れるコース」・・嘘です(笑) 私も第二関門以降しかしらないから言えないけど。。でも苦しかったあの飯綱山があったからこそ、越えたからこそ、一層レースへの思いいれも深くなりますよね。
しらちゃんにはまた会えるかしら?来年はおんたけも信越も出たいのだけれど。。

初めてのコメントです。

お疲れさまでした。

ぺーサー記読んで情景が浮かび、うるるしちゃいました!

沢山の試練、嬉しさ、楽しさが詰まった大会、
石川さんの思いが詰まった大会、

素敵ですね!

来年走ってみたくなりましたよ!

初めまして! 

初コメントです。 

ぺーサーお疲れ様でした。NO.136信越参加者です。
普段はロードのウルトラを中心に走っていて今回、見事にトレイルの洗礼を浴びました。
あの第5エイドは大会を象徴するエイドでしたね。熱い空気が流れていました。ボクはすでに疲労しきっていてそこからはヨレヨレ状態でした。ぺーサー組にどれだけ抜かれた事か。後ろから会話が聞こえ大きくなってくる。とても羨ましく思い自分のようなトレイル初心者はぺーサーは必要だったと後悔しました。

コースは、きついけどランナーに優しい素晴らしい大会、しっかり山でトレーニングして来年も出ます!

初めてのコメントです。

今までも楽しく読ませて頂いていたのですが今回のペーサー記はあまりに感動したので、コメントせずにはいられませんでした。

ペーサーを必要とするほどの大会に出た事のない私ですが、いつか出られるようになりた!と思いました。

こんばんは。
信越では応援ありがとうございました。

熱いペーサーの記録を読んでじーんときましたhappy02
ゴール後の上野さん、とってもかおちんさんに感謝してることがお会いして伝わってきましたよ。

たしか47キロ付近でゼッケン200番をお見かけし、ブログを読んでいたこともあり、上野さんに話しかけさせていただきました。
5Aでかおちんさんが待っている、ということをとっても励みに走っていらっしゃるご様子でした。
私も5Aでボランティアペーサーさんに会えることを楽しみにしていたので、エールを交換して前進を誓いました。
実はその前にも軽快に追い越していかれたときに「あ!200番さんだ!shine」と思ったのですが、併走できず見送っていました。
そのときに気づいて上野さんの後姿のお写真camera(とっても小さいのですが…)を撮ったので、後ほどメールから送らせていただきますね。

長文コメ、ごめんなさい。。。

お疲れ様でした。色々あったのですね。時には優しく、時にはきびしく、それもまた良い!ペーサーとして十二分にまっとうしたのではないでしょうか!そりゃ、富士山麓で疲れが残ってても不思議ではないですね(^^)

★ハスミンさんへ

初めてのコメントではなく、以前にもコメントしていただいていますよー(汗)
本当に最高の大会で、走ってみたくなるでしょ?
熱いハスミンさんにはわかってもらえると思っていました。斑尾もいい大会ですが、それ以上に感動は大きかったですよ!是非!!

★SHOさんへ

初コメントありがとうございます♪そうなんですよね。。ウルトラといえどもやっぱりロードと山は別ものですもんね。
でも洗礼浴びたからには(笑)もうSHOさんもトレイル仲間!来年一緒に頑張りましょう!
ペーサーがついている人は比較的元気だったみたいで、こういう長いレースは誰かがいるというだけで力になるものだとしみじみ感じましたねー。
ゆっくりケアしてくださいね!お疲れ様でした。

★705さんへ

初コメントありがとうございます♪初のペーサー制度はすばらしいものでしたよ!選手の上野さんにはキツイものであったかもしれないけど、力は出させてあげられたかなと思っています。多分もう私にはペーサーは頼まないでしょうが(笑)
705さんも一緒にチャレンジしていきましょう!きっと幸せが待っています!

★akikoさんへ

信越お疲れ様でした!そして上野さんの写真ありがとうございます♪バタバタしていてまだみれていないのですが、今日帰ってみますね!楽しみです。
上野さんから、akikoさんに途中で声をかけられてお話したと聞きました!そうやってレース中のふれあいもいいですよね。上野さんもakikoさんと会って話した事も力になっていたと思いますよ!
akikoさんはボランティアペーサーさんだったのね。きっとボランティアペーサーさんも私と一緒にドキドキしながら待っていたんだろうな~。
元気をたくさんありがとう!選手の頑張りはすばらしかった!

★himeさんへ

本当に色々ありました~!!
私はキツイので、上野さんには未だにすまない気持ちですが、でもそれに答えられる上野さんだからこそ、私も厳しくなったのかも?!
富士山麓は疲れが残っていてもいなくても、多分登りはダメダメです(笑)でもとっても楽しかったから行ってよかった!
himeさん、ビールご馳走様でしたbleah

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538045/31514708

この記事へのトラックバック一覧です: 信越五岳トレランレース★ペーサー記 その3:

« 信越五岳トレランレース★ペーサー記 その2 | トップページ | 信越五岳トレイルランニングレース★雑感 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今後のレース予定

Favolite


無料ブログはココログ