フォト

カテゴリー

カテゴリー「山レース*おんたけウルトラ2009」の記事

2009年7月23日 (木)

おんたけウルトラトレイル★完走記その4~レース後

ゴール後、すぐに「民宿みやまさん」に電話して、迎えに来てもらった。
すぐお風呂に入ったがそれがまたいけなかったdown
以前もトレイルレースの後にお風呂に入って貧血を起こし気分が悪くなった事があった。
喉もと過ぎれば忘れてしまうのもあるし、ホカホカ湯気の上がる湯船の誘惑に勝てなかったcoldsweats01

お風呂から出て横になるが、すぐにアフターパーティーに向う時間になった。時々トイレに駆け込んでえづくけど、何も出ないsweat02とにかく気持ちが悪いcrying
パーティーに出ないで寝てようかなとも思ったけど、せっかくだからと腰を上げた。

パーティーは20時から。つまりレースの制限時間flair最後の最後で飛び込んでゴールする姿が見えるup
第一関門で会った男子が19時間46分でゴールしていたmotorsports!!よかったhappy01!!
彼は13時間を目標にしていたので、宿を取っていなかったけれども、民宿みやまさんの計らいで泊めてもらえる事になり、また王滝村の暖かさを感じたheart
090719_201608
090719_201620 会場では、ビールや料理がたくさんあったけど、一口だけでもう入らなかった。
どうせならエイドの食糧を増やしてくれればよかったのに~ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
同室のノブクニさんマツシタさんは隣でビールをがぶがぶ飲んでいる~beer強靭な体が羨ましい。。
貧血と吐き気で立っていられなく、椅子を借りて座る( ̄◆ ̄;)
でもじゃけん大会ではC3fitのゲイターをゲット!scissors(笑)
今回の参加賞のTシャツは案外かっこいいnotes
090720_110950
宿に帰って夕食はほとんど食べられず。。
お味噌汁が超美味しくて涙ぐみそうになったweepJunさんが世の中で一番好きな食べ物はお味噌汁だというのが理解できたflair

布団に入ったら5秒で寝た。まるで気絶したように深くsleepyこんな熟睡は久しぶりだったnight

朝、みやまさんに公民館まで送ってもらい、木曽福島行きのバスを待つ。
すると役場の方がきゅうりを持ってきてくれた。塩をつけてその辺りにいた皆で食べる。
王滝村で一番食べたのはきゅうりに違いない。レース中も含めて全部で10本以上食べたな~( ̄m ̄〃)
5 
駅前でみんなと散り散りに別れる。青春18切符で帰るもの、名古屋方面へ帰るもの、私は夕方のバス。
また会いたいですね(*゚▽゚)ノ!と爽やかな別れ。
090720_105954_2
少々時間があったので、観光案内所で情報を仕入れ、バスで数分の風呂「せせらぎの四季(とき)spaへ。以前宮地さんのトレラン講習会で一緒だったタテノさんも偶然一緒flair
赤い色のお風呂だった。また気持ちが悪くなるので湯船はソコソコにして露天風呂spaで森林浴をしながらストレッチfoot最高に気持ちのいい時間だったshine
6
お蕎麦がどうしても食べたかった。前もって調べておいた「とちの屋」さんへ。「ざるつけとろろ」を食べた。こちらの方では2枚が普通らしいbellそば粉が多いようでぷつぷつ切れる。
美味しいconfident。。痛い胃がすっと治まっていく感じだった。そば湯はドロドロしていた。
090720_141531
缶コーヒーを飲みながら木曽川の流れを眺める。昨日走ったのが嘘みたいだなぁ~。

川で遊ぶ子供達を見つけて、私も川に降りて見る。アイシングだ~wave!冷たくて超気持ちいいhappy02!!
090720_143803
夕方バスに乗り込み東京に帰ってきた。同じレースに出た迷彩skinsのイケメン2人組み男子に「またどこかで!」と挨拶をして。
(一人は私より2分先にゴールで次は信越五岳らしい。もう一人はチョウケイ靭帯をやってしまったようで、おんたけスカイでリベンジだそうだ)

でも本当にいつか会えるのだshineトレイルってそういうものなのだshine

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ←長らくお付き合いありがとうございましたheart
にほんブログ村

おんたけウルトラトレイル★完走記その3~ゴール

25
携帯電話は時々入る。「100m、docomo入ります」みないな看板がある。受信し始めるようだが、その100mを過ぎてしまったようで「受信できませんでした」と表示されているsweat01そんなで見遅れてはいたけど、メッセージをくれたみなさん、本当にありがとう。レース中に読んで背中を押されているのを感じていました!

眠りながら走る男性を時々見る。足がふらふらして前に出ず横に出ている。左はすぐ切り立った崖だから怖いwobbly
090719_065507
結局天然エイドには一度も寄らなかった。下に降りる気力がなくなっていたし、つるっと滑りそうで怖かった。
けれど(天然エイドで足を冷すと気持ちいい)と途中一緒に走った男性に聞いたので、何気に泥の水溜まりの中をよけずに走ってみる。おぉ!気持ちいい!泥の水がスーッと靴の中に入って行って、びりびり痺れた足の裏がひんやり冷される!泥水アイシングだ(*^m^)flair

ボトルに入ったアミノ酸を一口飲んだら吐き気でえづいた。もうこれは飲めない。きっとそうなるだろうと、スポーツドリンク類はボトルに入れ、ハイドレには水を入れて来たのは正解だった!!
ざんくろうさん「おつまみ詰め合わせ」はどんどん入っていくけどジェルは無理そう。でもエネルギー補給しなければ。。。またもや水でジェルを流し込む。走っている時の揺れが気持ち悪くて、上下動を極力少なくして、平行移動を心掛け進む。振動キツイcrying。。。。

1本だけストックを持っている男性としばらく一緒に走るdashすると話しているうちに吐き気が治まったnotes長い道のり、気を紛らわさないとなかなかやってられないsweat01彼の存在がありがたい。
下りに差し掛かり、彼は「お陰で楽になりました。ありがとう!」と言いながら軽快に走って行った。みんな同じなんだなーと安心するflair
しばらく行くとさっきのストックの彼が下を向いてストックに頭を付きうなだれてながら体を休めている。やっぱりみんな辛いんだなーともどかしいような辛いような応援するような気持ちで彼を抜いて私は先に進んだthink
21
090719_142146 14:21
 85km 第3大エイド(第3関門)
あぁ、やった!関門を全てクリアした!これで完走が見えてきた!すごく感動している私の前でエイドは閑散としているsweat01
でも念願の炭水化物!そうめん!

男  子「このそうめんは本当に美味しいです」
おじさん「お腹空いてりゃ何でも美味しいよねー!」
男  子「いや、違う、このそうめんの味が本当に美味しいんです!」
そんな押し問答を聞きつつ、そうめんのツユをごくごく飲み干した。
きゅうりを食べて、お饅頭を頂いてバックに入れた。090719_154812
15:30 90km地点
あと10kmでいいの(・・??ほんとに( ̄∇+ ̄)v?(13kmだったのにこの時点では気付いていない。100km表示で終了だと思っていたcatface)なんか18時間切れそう?!ちょっと頑張ってみよう。
必死で体を動かす。どんどん抜いたupこの時点ではもう動くということ自体が辛くなっていたけれど。。
心ちゃんはもうついているだろうな~flairこんなガレ場オンパレードのレースに声かけちゃって悪かったなぁ・・(;;;´Д`)

残り5km程度はロードだと聞いていた。けれど95kmを越えてもロードが出てこない。(もしや、この小さい砂利の道を、王滝村ではロードと言うのかも?)なんて都合よく考えながら、ふと傍にいたおじさんに聞いてみた。「そりゃあ103km表示までだよ~」  あぅweep
心が切れたdown少しとぼとぼ歩いてしまう。そして雨も更に酷くなった。バケツを引っくり返したような豪雨rain
でももうロードに入ったし、何も考えずに進むだけだーーー!

同室のオオサワさんがすごい勢いで私を抜かして行ったdashこの時間にこれだけ走れるのに驚愕していた。(後で聞いたら、今はゆっくり走っているものの、過去サロマでの優勝経験もあるらしく、おんたけの最後の5kmを23分で走ったらしいflair
私は、リズムは走ってるけど、歩くのより遅いような走り。けど必死。

おじさん2人組がずんずん速歩きで、私との距離が開いていく。私は一応走ってるんだけど。。。。coldsweats01

とうとう、松原スポーツ公園へ誘う矢印が見え、滝川さんの顔が見えた。思わず「滝川さーん!!」と叫ぶ。こんなハードなコースを、こんな朗らかな笑顔でよく考えてくれたよな~(笑)でも感謝の気持ちで一杯shineshine
力強くハイタッチしすぎて手がビリビリしたbomb

あとはもうゴールまで数百メートルsoonここで女子2人に抜かされる。でももう抜くとか抜かないとかじゃなく、みんな自分と最後まで闘っている。それぞれが体を動かせる精一杯の力で足を進めてるんだsign03
涙が出てきた。でも、それが安堵に変って笑い顔に変るのが自分でわかった。
頭と体がばらばらな感じで、走っている自分を見つめている誰かがいるみたい。
アナウンスが聞こえるけど、全く言葉が頭に入ってこない。
そしてゴールゲートが見えた~~~shine
両手を挙げてゴールだhappy02motorsports!!!!!!
Goal
ウルトラトレイルは「山を走る」という枠に留まらなかった。
私は壮大な地球と戯れてきた気がする。
いろんな地形や、天候の変化や、時間軸や、そこに自分の持つ力の全てをぶつける。

きっとおんたけウルトラトレイルを走った全員が思っているに違いない気持ち。
ありがとう王滝村shine、ありがとう大地shine、ありがとう地球shine、ありがとう自然shine
(その4 <吐き気継続中>へ続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ←訪問感謝していますmoneybag
にほんブログ村

おんたけウルトラトレイル★完走記その2~レース前半

暗闇の中、600名もの大集団が王滝村の中を走り抜けるrun
今回は熊鈴などの熊除け持参の指示があったので、半分以上の人がリンリン音を鳴らしている。音色が微妙に違うので合わさってとってもいい音bell
おばあちゃんが道端で「いってらっしゃい!」と声を掛けてくれる。いつもなら寝ている時間に違いないconfident

程なく林道に入る。たくさんのライトで案外明るいので、自分のライトはつけたり消したり調節しながらflair

2:00 登りながら笑っている自分に気付く(*^m^) 同じ目標を目指してみんな一生懸命で。なんだか嬉しいような楽しいような。
パワージェルベスパと相性が良く相乗効果があるらしいので一緒に取るようにする。ジェルは1.5時間~2時間置きくらい。エンライテン、ウィグライプロなどは気付いた時に適当に。
090719_031647
3:16  25km小エイド到着。水だけだsweat02暗闇で体がきつい。早くも疲労が溜まってる感じ。まだ3時間だし、そんなキツイ時間や距離ではないのに。。野辺山の71kmの時ぐらいの体の重さだ。下腹部も痛い。徹夜明けのお腹のカンジdown
rainも降ってきた。寒い。。ノースフェイスのレインジャケットを着る。完全防水のもので良かったと深く思うflair暖かいspaこれで安心して走れる!
何か食べ物がある41km大エイドまで頑張ろう!

登りは完全に歩くと決めていた。元気な時には走りたくなるけれど、ぐっと抑える。あくまでも完走する事が一番の目標birthdayその為には私の力では登りで走り続けてはダメ。ここはトレイルだ。温存温存。。

同じ歩きだと思われる人をみつけると話しかける。気が紛れる。辛さが半減する。そして平坦や下りにさしかかると「最後まで頑張りましょう!」とそれぞれのスピードになり別れる。でも暗いからどんな人なのか全くわからないのが面白い(≧m≦)

明るくなってきたshine雨は相変わらず降ったり止んだりだけど、嘘みたいに体が急に軽くなる。走れる時間帯が来た。
人間はやはり日が上がると共に活動し、日が暮れると同時に休息に入るのが自然なのだとしみじみ思ったsign03
18
第一エイドが近い。たくさんの人が歩いて降りてきている。リタイヤなのだろう。寒さでリタイヤした人が多かったようだ。レインウェア持参と案内に書いてあったのに持ってこないでリタイヤなんてもったいない。足にテーピングを巻いている人もいたけれど、元気に降りてくるリタイヤの人も多く…その人なりの理由での決断で大事な事だけれど、なんだか胸がキュッとなったbearing

5:25 40km、第一大エイド(第一関門)到着。関門は7:00だから1:30の余裕。でもパンやおにぎりはもうなくなってしまったようで愕然としたcrying次のエイドまで31kmある。見積もって6時間。。まぁ次で食べられるさ!
。。。王滝村に向う時、バスを1本逃しておにぎりを買っておくべきだった。
バナナがあったので1つ食べた。次見た時にはもう無くなっていたcryingきゅうりの1本漬けがタルの中にたくさん浮かんでいる。3,4本鷲掴みにして食べた。固形物を体が欲し始めていた。
私を軽快に抜いていった数人が毛布にくるまって寝ているのが見える。私には寝る時間はない。進もうup
090719_103943

時間不明 小エイド到着。水のみ。

ちょっと気持ち悪くなり始める。原因は多分ジェル。もともとあまり好きではないのでジェルが飲み込めないcoldsweats02 でもエネルギー補給の為に水で流し込む。

しかしこのガレかたは半端じゃない。おんたけの96%は森林らしいが、きっと3%は岩か石だと思う(~_~;) ここまで岩の上を走り続ける事はそうない。直径30cm程度の大きな岩が道の真ん中に転がってたりする(-_-;)下りも登りも足をつく位置を捜すのに神経を使う。
トレイルもいろいろだとしみじみ思った。 シューズの端に石が当って痛いdown足の裏もビリビリするbomb小さな石の上に乗ってズレながら走るのはなんだか気持ちが悪いけど今日一日頑張れば終わるさ!怪我だけはしないように。それでリタイヤなんて悔しすぎる(≧ヘ≦)
090719_050349
パワージェルを補給しようと試みるけど、あれ?ない??間違えて食べすぎちゃったかな??ウィグライは一杯あるけど。。(後に入れ間違いをした事がわかった)
次のエイドまで15km。ロードならすぐだけど、ここはトレイル。私のペースで3時間弱か。。ちょっと不安になる。
お腹がすいてきてきゅるきゅる言ってる。ハンガーノックが頭をよぎり怖くなってきた。側にいた数人に声をかけながら進む。「アメとか持ってないですよねぇ?」なんて具合に。
余分に持つ人なんてそういないよなぁ…。
ピッチが自然と速くなりアメ玉を求めて前の人を次々追っかけ続けたrun
しばらくすると、さっき聞いたうちの一人が私を追っかけてきた。「いざという時の為に入れておいたの思い出しました。どうぞ!」とベスパプロを差し出してくれた。いざと言う時の為なんて大事なものもらえないと断るが、「エイドにつけばまだあるし自分は大丈夫。それに低血糖で倒れられても困るしね( ^ω^ )」と。。
本当にありがたかった。292番でこぽんずの梅田さ。。頭にインプットする。このあと必ず会わなければ!
私は、彼が居なかったらゴールできなかったかもしれない。本当にありがとうconfident
090719_103955
11:30 71km 第二大エイド(第二関門)到着。やはり1:30の余裕。
ここにも固形物はきゅうりのみ; ̄ロ ̄)!!。。。。おにぎり食べたい。。
きしめんさんと会う。きしめんさん「かおちんと擦れ違った時に溜息が聞こえてきた」と言われた(-_-;)
先ほどベスパを貰った梅田さんが座っていた!預けていた荷物から急いでベスパハイパーを2つ出し、深くお礼を言いながら渡す。エイドのきゅうりも一緒にsweat01そしてバックパックに補給分のジェルなどを詰め込んだ。実はこれからは一層気持ち悪くて消費できなくなるのだけれど。。。。

着替えようか迷うが、そのままスタートすることにした。どうぜ全部びちょびちょだしね。
立ち上がろうとするとぐらっときた。貧血だ; ̄ロ ̄)!! 少し休んだ。
なんとか大丈夫そう?!
23
ここでもリタイヤの人達がたくさんいた。係りの人に「リタイヤします」と言う姿はなんとなく直視できなかった。リタイヤはまだ経験がない。関門に引っかかって強制的にはともかく、まだ猶予がある時にリタイヤを告げる勇気を私は持てるだろうか。往生際の悪さには案外自信があるcoldsweats01
次のエイドまで16km。
足は裏は痺れてるけど、腿や脹脛は元気。まだまだ行ける!
ここでざんくろうさん「おつまみ詰め合わせ」を思い出すdash(遅い・・)
消化の悪そうな昆布を避けて、ナッツやほしぶどうを選んで食べる。
おいしいnote「ありがとう」と呟きながら走っては食べ走っては食べ。体は固形物を欲していた。。。。
(その3に続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ←応援クリックありがとうheart
にほんブログ村

2009年7月21日 (火)

おんたけウルトラトレイル★完走記その1~スタートまで

家の片づけをしてから午前9時過ぎにのんびりおんたけへ向ったup
今回は、オフィシャルバスが人数に満たなくて催行中止になってしまった為に、電車で向う。(帰りはHighwaybus.comでバスが取れたbus
電車の旅と言えば駅弁happy02
1
これが案外手が混んでいて美味しかったので、中央本線に乗られる方は是非お試しをflair
そして乗り継いだ後、木曽福島に到着。ここからは30分バスに乗り王滝村に向う。
バスで隣りの女性のマツシタさんと話していたら同じ宿だったnoteいきなり心強い。
王滝村役場前から更にマイクロバスで10分程度の受付会場であり、明日のゴールでもある松原スポーツ公園に向う。
090718_144558
いつもながらにOSJのレースゲートは立派で、気持ちが高まるのを感じたup
そして受付を済ませると宿に行くのに役場前に戻るバスに乗る。役場前からは今回の民宿「みやま」さんが車で迎えに来てくれた。
なんだか移動ばかりでアクセスが大変なようだが、シャトルバスも案外出ているし、みやまさんもすぐ来てくれたので、まるで不自由はない。見回すとお店があまりない。木曽福島駅前で何か買って置けば良かったかな。。。

マツシタさんとは同室である事がわかり、あとのヒロサワさんノブクニさんにもすぐに会えた。みんな穏やかそうないい人達!全員トレイル100kmは初めて。挨拶するなりそそくさとそれぞれレースの準備に入った(゚ー゚;
一刻も早く寝たいからだ。。。
090720_074133
夕食を16時に取り、部屋に戻りすぐ蒲団に入った。
「電気消しますね~sleepy
・・・・・・あれ?全然暗くない^^; そりゃそうだ。まだ17時すぎだもん(@Д@;
横になっているだけでもよいだろうと思いつつ、みんな必死に寝ようとしているのがわかる( ̄m ̄〃)
私は、1時間ほどちょっとウトウトしたけど、それからどうしても寝られずもぞもぞ。心ちゃんに「寝れないよ~!」とメールしてみたり、宿の外に出てみたりした。
2
明日はあの山を走るのかなーと思ってちょっとドキドキしたheart02
部屋に戻り、また蒲団の中でモゾモゾ。結局寝れなかったcrying
21時にもう堪えきれず起きてしまった所、昨日夜行バスで九州から来たノブクニさん以外はほとんど寝られなかったみたいだsweat01
準備をして宿から差し入れのバナナを食べ、心ちゃんが居るであろうスタート側の王滝村公民館に向う。
P7180020
入ってびっくり!人口密度たかっ!!これじゃあ寝れないだろうなーと思いつつ、私もちょっと入ってみたりして(笑) 男率たかっ!坊主率もたかっ!
3
今回秘密で出ていたざんくろうさんに会って「ナッツやレーズンや昆布のおつまみ詰め合わせ」を貰ったshine実はレース中、これにとっても助けられたのだ!命のおつまみだったcrying
その話はレースの中でnote
心ちゃんや同室のみんなとスタート地点に向った。
P1000003
今回体調不良でDNSのヒラヤマさんを見つけてまた興奮。知ってる人を見つけると興奮するんだよね~dashきしめんさん王子にも会えた!

今回のウェア
今一番気に入っているゴールドウィンのC3fitアンダータイツ、アームカバー。
これを着用すると、筋肉や、余分な二の腕のお肉(-_-;)の振動が少なく、時間がたっても楽だ。タイツの膝も動きやすくて走りやすい。あと、ちょっと細く見える( ̄m ̄〃) そしてトップスはモンベルのシャツ。一番楽なウェアで。バックパックはもうだいぶくたびれてきたルーファス。シューズはasicsゲルトラブーコ。ソックスはガレ場の衝撃を考え、厚手のブリッジデイル

第二関門(71km地点)にサプリや着替えを置けるので、一応用意もしたけれど、昼から大雨の予報だったので、多分着替えないだろうと予測していた。雨の時は着替えても一緒だし、ぬれているものを脱ぐ時の感じがイヤgawkそして着替え場所もないと予測していたし。。。

23時30分からコース説明が始まった。直前にコース説明って盛り上ってよい~!
回りを見回すと女子も案外いる?今年は51名エントリーしていた。男子を含めて588人だからやっぱり1割程度。
4
涼しくて気持ちよくていい感じ!体調も良い♪痛い所はなし!!のんびり行けばいいから気が楽だ!

そしてとうとうスタート!!!
心ちゃん、ノブクニさん、マツシタさんとハイタッチpaper
先頭集団がすごい勢いで走って行った; ̄ロ ̄)!!
私はゆっくり。キロ6分半~7分ぐらいのペースでゆっくりゆっくりconfident

長い旅が始まるflairここに戻って来たいなhappy02走りながら何を考えるのかなsign02ゴールする時はどんな気持ちなのかなsign05

たくさんワクワクshineしながら、そして少しの不安typhoonも。
ただ前の人のライトを見つめながら前へ進んだ。
(その2へ続く)
090719_002537
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ←たくさんの走る仲間がいます。ポチありがとうheart
にほんブログ村

2009年7月17日 (金)

おんたけ行ってきます(*゚▽゚)ノ☆

おんたけウルトラトレイルに行こうと思ってからあっという間だったかも?!
ワクワクする気持ちとは裏腹に、やっぱりやめようかなぁ(;´Д`A ```という葛藤の時期も越えて、自分が走りきれるペースでゆっくり行けばいいんだ…と心が決まった今は案外落ち着いているhappy01

夜間練習やロング練習としての野辺山も越え(野辺山はあまりに面白くて、来年も出るけど( ̄m ̄〃))、所沢8耐ものんびり走りきって。。大体思い通りに出来たかな?
今週はゆっくり足の疲れを取るべく、早く布団に入る事を心掛けた。寝なくとも本を読んでゴロゴロしていたので体は休まった気がする。
整骨院は毎日通ったし、暑さ対策で、chunen-runnerさんによる天然エイドで水を含む為のスポンジセキヤさん帽子の後ろの日除けネッククーラーも持ったscissors (でも天気予報はrainマーク(@Д@;
頭痛はちょっと心配だけれど、まぁ、いい具合なコンディションじゃないかなー?

あとは明日の朝、整骨院でキネシオを巻いてもらって出発するup整骨院の先生は「明日は足も腰もじゃんじゃん巻くわよ~!」と頼もしい( ̄m ̄〃)
王滝村に着いたら、共に山を越える心ちゃん、きしめんさん、王子に会えるかな?!

たくさんの助言や応援のメッセージを頂いて大変嬉しく思っていますhappy02
どうもありがとうheart
向こうで更新する時間があったらしようかな?
OSJおんたけウルトラトレイル…行ってきまーす(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ←ポチ感謝ですnight
にほんブログ村

2009年3月 4日 (水)

おんたけウルトラトレイル★ いきますか?

おんたけウルトラトレイルの募集が始まりました。
ワタシ、行きますshine

今年始めに仲間内で今年の目標を言う機会がありました。
その時私が言った言葉は
「野辺山100km完走」
「50kmクラスのトレランに数本出る」

言いながらどうも自分の中でピンときていないのを感じていました。
確かにやりたいけれど、昨年、斑尾50kmに出る事を決めた時のような沸々と湧き上がるものがない。ワクワクして居てもたってもいられない感じがないthink

そんな折にふと思いついたのが「おんたけウルトラトレイル」でした。
・夜中12時スタートなのでハセツネよりも昼間が長い。
 山が単純に好きなので景色をたくさんみたい、山を感じたいのです。夜がいいという話も聞いたので、それも楽しみになりましたが。
・昨年、石川さんが走ったコースを私も走りたい。
 昨年のおんたけウルトラトレイルでの鏑木さん、石川さん、相馬さんのバトルは記憶に新しいですが、私は石川さんの走りのスタイルや山への向かい方が大好きです。以前の記事「やっぱりトレイルが好き」で書いたとおり、今も同じ気持ちを持ち続けています。

そして何よりも未知への挑戦でわくわくしました。そんな気持ちを大事にしていきたいのですshine
もちろん超無謀だとわかっていますsweat01
でも完走の可能性は0だと思っていません。思っていたらやりません。まだ時間はあるのでそれ次第だと思っています。

周りにこの話をした時の反応は様々でした。
★純粋に応援してくれる。
★「バカじゃないの?」って一蹴(当然の反応でしょう)
★「へー。。。。。」非現実的な話として聞き流す。

他色々。
そんな中で甘党会長心の旅人さんH山さん★「やろう!」でした。実際彼らがエントリーするしないは別として、こんな無謀な話をまともに受け止めてくれた事がすごく嬉しいです。(勢いかも( ´艸`)プププ)

目標を絞った事により野辺山は71kmに変更。50kmまでしか走った事がないので相当辛いと思いますが、少しずつおんたけへ向かいます。おんたけへの序章だと思っています。
山もいかなきゃ、距離も走らなきゃで忙しいけれど、ケアをしっかりやって故障だけはしないように。。。そして少しずつ近づければいいなと思っています。
Road to おんたけshinesign03です♪

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ←いつも感謝ですnotes
にほんブログ村

その他のカテゴリー

24時間マラソンinゆめのしま | Funky Monkey Babys | T.M.Revolution | TAG CLUB | ウェア・グッズ | キャノンボール | ケア・体のこと | チームリガード2010 | トレイルランニング | トレラン講習会 | ボランティア | ランニング | ランニング講習会 | レース | レース*24時間リレーinゆめのしま | レース*NAHAマラソン | レース*PARACUP | レース*かきカキマラソン | レース*かすみがうら | レース*たまがわクリーン駅伝 | レース*つくばマラソン | レース*下関海響マラソン | レース*勝浦鳴海ロードレース | レース*勝田 | レース*塩出し昆布 | レース*大阪マラソン | レース*富士五湖ウルトラ | レース*富里スイカ | レース*川越アクアスロン | レース*年の瀬マラソンin所沢フル | レース*所沢8時間耐久 | レース*東京マラソン | レース*横浜駅伝 | レース*神戸マラソン | レース*神戸全日本女子ハーフ | レース*谷川真理駅伝 | レース*野辺山ウルトラ | レース*青梅 | レース*館山若潮マラソン | ロゲイニング | 夜山トレラン | 山レース*UTMF/STY | 山レース*いしおかトレラン | 山レース*おんたけウルトラ2009 | 山レース*おんたけウルトラ2010 | 山レース*おんたけウルトラ2011 | 山レース*おんたけウルトラ2012 | 山レース*おんたけウルトラ2013 | 山レース*みたけ山 | 山レース*スリーピークス八ヶ岳 | 山レース*三浦半島縦断トレイル | 山レース*信越五岳2009 | 山レース*信越五岳2010 | 山レース*信越五岳2011 | 山レース*信越五岳2012 | 山レース*信越五岳2013 | 山レース*北タン | 山レース*北丹沢12時間山岳耐久 | 山レース*奥久慈トレイル | 山レース*奥武蔵スーパークロカン | 山レース*富士山麓トレラン | 山レース*忍野高原トレラン | 山レース*志賀野反トレラン | 山レース*斑尾Forest Trails | 山レース*武田の杜 | 山レース*神流マウンテンラン&ウォーク | 恋愛 | 日記・コラム・つぶやき | 東京マラソン | 登山 |

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今後のレース予定

Favolite


無料ブログはココログ