フォト

カテゴリー

« おんたけウルトラトレイル★勝利へのプロセス記~その1 | トップページ | おんたけウルトラトレイル★勝利へのプロセス記~レース後 »

2010年7月22日 (木)

おんたけウルトラトレイル★勝利へのプロセス記~その2

Dsc05623スタートしてキョロキョロしながら走るrunキロ7分くらいかな?

ヘッドライトはつけずに。人がまだたくさんなので、充分明るいflair
まっつん(フル3:17快速女子、昨年私より1時間速いゴール)がいるから、このペースじゃ速過ぎるかなぁsweat01
登りは歩き。
そのうちにアサミさんが後ろから来た。星が綺麗だね~nightと話しながら空を見つめるshine流れ星が見えたそうだ。
人が少しバラけはじめて来た所でライトをつけはじめたflairでも時々ライトは消してみたりする。星見たいからnight
緩やかなロードの登りが続く。。。
スポーツエイドジャパンのスタッフの女性が居た!奥武蔵ウルトラマラソンクラブ(?)の力か、淡々と同じペースで進んでいる。かっこいいなぁ~happy02
私みたいにムラがないtyphoon
でも、それが自分の走りだ。私はそれを貫けばいいさ!自分の頑張れる所を頑張ればいいpunch
登りは耐えようupwardleftそして余力を残して下りをリズムよく下りようdownwardright
途中、ブドウ糖、エンライテン、キャラメルラスクを食べながら進む。カーボショッツ(コーラ)も補充。美味しい♪まだ胃は元気な証拠かな。
Dsc05632
Dsc05628小エイド到着!
夜中の山にポッと明るい灯が見えるとホッとする。
栄養ドリンクだ!!!うまい~confident
すぐにスタートmotorsports
何しろトイレが少ないから不安になる。
最初のトイレ(小エイド)が22km地点toilet3時間くらいかかってるもんなぁ。

エイドを出たらすぐ、なんかお腹痛い気がしてきた。。念の為、ザックのティッシュを確認しておくsweat01
いざとなれば…腹をくくるつもりだ。。。(-_-;)

林道では、点々とライトが連なっている。綺麗だなぁ・・
でも間もなく明るくなってきた。幻想的fuji
Dsc05633
あれ、なんか気持ち悪い。。coldsweats01

大エイド(40km)到着。関門7:00の所、6:05くらい。50分の猶予。昨年とほとんど同じペースだ。
Dsc05647_2
藤田さんが居た。ここでリタイヤらしい。ペースが速過ぎて足がダメになってしまったんだってsweat02 色々あるよね。。。

きゅうりがあった。なんかあまり美味しく感じないのは体がダメになってきているのであろう。。。もう1本食べてみる。これがいけなかったなsweat02

下りでお腹が揺れる。胃が揺れる。はぁ、気持ち悪い。。まだスタートして6時間しか経ってないのに。。bearing45kmぐらいであろうか、下りを走っていると急激に吐き気が襲ってきたcrying

吐いたヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

たいしたもの食べてないから、胃液ばっかだけど、えづき続けて走れなくなった。。
端に座る。。5分くらい座っていただろうか。
横を通る他の選手は、8割が声をかけてくれる。「大丈夫?」「攣った?」「薬いる?」「頑張ってね」

落ち着いたので立ち上がって歩いてみる。大丈夫大丈夫。
走ってみる。。。。。。。ダメだ( ̄Д ̄;;また吐き気が襲うsweat02

とりあえず歩き続けてみよう。。。
日は随分照ってきたけど、日影に入ると風が冷たくて気持ちいいtyphoon
ハットも正解。影が多いし、キャップより密着していない分涼しい。

9:00、55km小エイド到着
次のエイドまで16km。
後ろからバロンさんが来たので、弱音を吐いてみるweep
まだ次の関門までの時間は4時間watch
迷っていると、とある女性が「普通の人で歩いて1時間4kmだから私達ランナーならば5kmはいけるよ。頑張ってゴールに向えば?」と。
一応ここでリタイヤが出来るか聞いてみたりもしたがsweat01もうちょっと頑張ってみようrock

進み始めるが、とりあえずまた気持ち悪くて座りこむ。吐き気が治まるまで待つ。立ち上がって進む。そんな繰り返し。
座っていると民宿で同室の田中さんがやってきたup
きつそうtyphoonでも時間は余裕だからさ、頑張ってhappy02!!

事前に測っておいた、私の歩く速度は、頑張って1時間7.5km。でもこれは平坦で相当元気に歩いた時。ゆるゆる普通に歩くと1時間5km
起伏も考えれば頑張って1時間5kmがきわどい感じ。でもそれなら間に合うscissors

膝がダメになった2人が、歩いているshadow合流して3人で歩く。「ここから1時間5km進めば、ゴールまでいけるよ!」……自分が一番怪しいのに、みんなを励ましてみたcoldsweats01
1kmほど一緒に歩いたら私が最初に脱落crying

「気持ち悪いから休んでから行きますので頑張って進んで!」
・・・・人の事応援してる場合じゃないよねsweat01

天然エイドがあるwave
Dsc05653
エイドは少し下にあったので、下りるのに労力は使うが、気分転換になるかもflair
頭から水をかぶる。ボトルのアミノ系飲料を迷わず捨て、天然水を入れる。冷たくて美味しい!!ここから2ヶ所ほどあった天然エイドでは毎回水を入れ替えて、飲んだり浴びたりしながら進んだ。

65kmあたりで、ストックを持った加波一族の方と一緒になった。もう膝がダメらしいthinkでも、せめて71kmの関門はくぐって終わりたいという。
私もそう。
もうちょこちょこしか進めなくなっていて、何よりも吐き気が一層酷くなり、続けて歩く事も出来ない。71kmまでいけてもその後35kmは無理だbomb
ここで終わろうと決断を下した(≧ヘ≦)
往生際が良すぎるぐらいな決断。。。
もう選択の余地がないくらい弱っていたdown

女性が九十九折の下にいた男性に「シャリバテだよ」と叫んでいる。ご飯がないって事?幸い私のザックには、早々の吐き気で手を付ける事の出来なかったオニギリが2つ。2人に「おにぎり食べて。」と差し出す。「私は吐いちゃうから食べられないし、多分次の関門までしか行けないから。。」
すごく喜んでくれたhappy02私も嬉しいup「私の分まで頑張って進んでね!」と2人に声を掛け、座ってオニギリを食べ始めた二人を尻目に、また私はゆっくり進み始めたrun

ここから長い長い登り。でも今の私には下りの振動よりも、何十倍も、登りのキツさの方がマシだった。
ここからは頑張った。絶対関門に間に合わせようと必死だった。せめて最後くらいは。。。
長い登りを登るとエイドまでは多分最後だと思われる下りが見えた。

足はまだ残っていて走れるdash加波一族の方より先に出た。ただ吐き気がとめどなく押し寄せる。最後だけは…と堪えて必死で走る。もちろん続かないけどsweat01

下りきってあとは少しの登りで関門だ!
気持ち悪くなって早々に声を掛けた膝がダメになった2人組がいた。
「あの時、1時間5kmで行こうと声を掛けてもらってよかった。向う気持ちが出来た」と言われて嬉しかったけれど、ちょっと恥かしかった。だって私は歩き始めて1kmしかもたなかったし(-_-;)

「あとちょっと頑張りましょう!」と、もう私達のゴールは71km地点になっていた。
そこにいたほとんどが限界だと思っていたから。
もう71kmまで僅かだとわかっていたけれど、歩調をみんなに合わせる事は出来なかった。やっぱり私は1人先に向った。吐き気が少ない時に少しでも進まないと、またいつ完全に止まってしまうかわからない。登りで幸いだ。・・登りが大嫌いな私がこう思うなんて驚きだがconfident

「こっちですよー!」と係りの人が見えた!やった。関門通過だーrock

でも胃ももう終り。
バーコードを通してもらい、「リタイヤでお願いします(ρ_;)と告げる。
私ってこんな声だっけ?と変な感じがした。。。。

71km、12時間35分。私の戦いは終わった。
手ごわかったなぁweep・・・・・おんたけfuji

・・・・・・・続く

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ→クリックありがとうございますclover
にほんブログ村

« おんたけウルトラトレイル★勝利へのプロセス記~その1 | トップページ | おんたけウルトラトレイル★勝利へのプロセス記~レース後 »

山レース*おんたけウルトラ2010」カテゴリの記事

コメント

うーん。かおちんをここまで痛めつけるおんたけ。おそるべし。
挑戦してみたい気もするが・・・。
夜中のスタートというのが・・・。コンタクトレンズの身には厳しい。
それにしても予想を遙かに超えたドラマがあったようですね。
うまくは言えませんが、おにぎりのエピソード。感動的でした。
71㎞完走おめでとうございます。(リタイアとは言いたくない気持ちです)
続きが知りたいです。(月曜日ぐらいまでパソコンの使えない環境になってしまいますが)

なんだか、淡々と綴っているようですが、大変なことですよね。
そこまで、体調悪かったのに、人の声を聞けるとは、何ともすばらしい!
本当に、感動しました。
私も、いつかおんたけを走ってみたいです。
そんな気にしてくれた、かおちんのドラマ。
お疲れ様でした。
続き、楽しみにしていますぅ。

いや~~ 言葉がないですね。
かおちんらしいというか…どんなときでも人に元気を分けてあげる…すごいなぁ~♪
一生懸命頑張っているから、他の人も励まされるんだろうなぁ~。

でも、本当に苦しかったでしょうね~。
そんな状態で71kmも進んだなんて…いや~~、お疲れ様でした♪
今年のおんたけは71km完走ということですよね☆ 素晴らしい! 大健闘ですね!!

読んでいたら…来年は、行ってみたい!
そんな気になっちゃいましたよ。

あ、まだ続きがあるんですよね。 楽しみにしています♪
脚のほうは大丈夫のようですが、内蔵系はどうですか?
疲れ、取れましたか?

自分も今回のおんたけを吐き気でリタイアしました。
あの”ツラサ”よくわかります!
吐きたくても吐けない…酒を飲みすぎた時の感じにも似てるか?
もしかしたら死んじゃうんじゃないかと思い、#3関門を3km程過ぎた中途半端なところでリタイアを決め 終わってしまいました~

なんか、無理しすぎて心配です。 が、それがかおちんだからいいのかな?
そんな状態でも人のために気遣う心意気に感動。 反面ウケました。
私も71㎞完走だと思います。 早く回復して、良い夏でありますようにsun

お疲れ様でしタ。
想像以上に壮絶だったんスね。
とりあえず、体調を整えて疲れをしっかりとってまた走りましョ!

なんと壮絶な!
厳しい状況の中での71キロ完走、
本当にお疲れ様でした。
続き、楽しみにしております。

お疲れさま。ホント、究極な状態のときこそいろいろなコト憶えているよね~周りの人に気を配れるというか、参加者のみんなとこういう挑戦ができるところが、かおちんの素晴らしいところなんだよね!過酷なレースは、そう甘くないけどだからまた頑張れるんだと…心の底から思う。そしていつかクリアできたとき、こういう思いがすべていい経験になるんだよね…。やっぱり、山は・・・かおちんは強いな!

★路の途中さんへ

おんたけは私はどうも、完走できる気がしなくて(笑)また気持ち悪くなりそうな。。。
夜中スタートだけど、案外明るいよ!なかなかばらけないで走るから。
おにぎりは、絶対忘れちゃいけないと買ったものなので、なんだか無駄になるほうが悔しいしね( ̄m ̄〃)
決して完走ではないけど、でも、ありがとう(*^^)
またがんばるぞ♪

★ふぃーさんへ

体調悪かったから、人と話して気を紛らわそうとしたのかも(笑)
長いレースはドラマがたくさんで面白いですね。
10時間以上走って(歩いて?)いるから当然のことなのかも。
是非一緒におんたけ走りましょう♪
見たことのない、素晴らしい景色が見れますよ!

★まさどんさんへ

自分自身が速く走れないけど少しでも楽しく走りたいし、声を掛けることで自分も楽しくなると思いません?
私は人の為というより自分の為に声をかけているのかも(笑)

続きは。。。対した事ないですが、まさどんさんはいつもしっかり読んでくれているので嬉しいです。

内臓系はやっぱりちょっと疲れ気味?いつもより食欲は少なめです。でもそれで普通の人ぐらいだからいいのかも(笑)
この隙にちょっと痩せようかな?!

★すなふきんさんへ

お互い辛かったですねー!
でも、ほんと3kmすぎてやめてよかったですよ。
私も、本当にしんじゃうんじゃないかって思った(笑)
今はちょっと忘れ始めているけど、来年走ったらまたすぐ思い出しそうで恐いですねー(-_-;)

★なぎちゃんへ

無理するほどの走力もないから、だからやめちゃったんだよ。71kmで時間が余っていても躊躇せずに。

人の為というより、自分の為かもね( ̄m ̄〃)
自分が楽しくなる為に気遣うのかも。
ありがとう。良い夏を迎えられるようにがんばります!

そうそう、ちょっと痩せたよ!なぎちゃんより一歩リード(笑)

★とくちゃんへ

壮絶だったー(T_T)とくちゃんが野沢を気持ちよく走っている時に私は死んでたんだもんね(笑)
体調整えて、また前に向かわないとね♪
ありがとう!

★さく蔵さんへ

なんだか夢のような71kmでした(-_-;)
もう忘れ始めているから恐いです(笑)
なかなかうまくかけませんが、読んでくれてありがとう♪

★tomoさんへ

きっとみんなそうだよ。
私はただそれを文章にしただけで、実はみんなそれぞれの気の配り方でレースを楽しんでいるんだと思うよ!

私も今回みんなの気持ちをたくさん貰ったよ。
私がコースで苦しんでいる時、みんな声をかけていってくれたし。

苦しいレースって完走の喜びもそれだけ大きいもんね。
苦しい思いをした価値があるというか、それ以上の嬉しい気持ちを味わえるというか。
今回はそれがなかったから、次は楽しめるように向かっていかないとね!

tomoさんも。。。一緒に山どう?( ̄m ̄〃)

なんか、涙でそう・・・
十分すぎるくらい頑張りましたよ!
おんたけ手ごわい!

★アフロさんへ

手ごわかったですね~!おんたけ。
でも、これもいい経験ですよね。
すべては、自分の血となり肉となる!
がんまります!ありがとう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538045/35839095

この記事へのトラックバック一覧です: おんたけウルトラトレイル★勝利へのプロセス記~その2:

« おんたけウルトラトレイル★勝利へのプロセス記~その1 | トップページ | おんたけウルトラトレイル★勝利へのプロセス記~レース後 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今後のレース予定

Favolite


無料ブログはココログ