フォト

カテゴリー

« 信越五岳~レース2 | トップページ | クリール★シューズトライアル »

2010年9月24日 (金)

信越五岳~レース3

瑪瑙山の大きな登りに取り掛かる。
相変わらず、上野さん、私、チェリーさんの順。
上野さんも私同様登りが苦手だし、じっくり行きながらも苦しんでいるのがわかる。

後ろからアサミさんの声「かおちん、元気?」、そしてもう一つの違う声「かおちん、元気
びっくりして振り返ろうとするが、それを制止された。
「今は前を向いて進む。」
「はい」と答えながら、厳しくも優しい響きを持つ声に心が震えた。

瑪瑙山の頂上までは果てしなく長くみえたfuji
灯りが見えているのになかなか近付かない。
「夜は明かりが遠くに見えるもの」そういう彼の言葉を信じて、じっくり登り続けた。
「いいペースだよ」「前へ前へ」彼はずっと声を出し続けていた。

彼は止まっている選手を見つけると「ゴールするよ、着いて来て」と一人一人拾っていった。一時は20人以上もの大きな集団になっていた。
登り切って、1分ぐらい休もうと言ったが、私は「行ける」と答えた。得意な下りならば降りながら休めるからもったいないdash

下りに入ると、前にいる上野さんはいいペースで下り始めた。私の体調も少しよくなり、飛ばせるようになったので、上野さんについて行く。
「いいペース!下りで稼ごう!」と彼。

下りながらライトを消して、一瞬景色を眺めたnight。ほんの一瞬でまたすぐ下り始めたけど。

その後また登りを乗り越え、最後の下り。。
前を行く上野さんのペースが明らかに落ちてる。ずっと私の前でがんばり続けてくれたからかな。。
後ろから彼の声が。。
「足場良くなってるから、ペース上げよう」
幸い私は吐き気が全く消えたので、上野さんと前を変わろうか躊躇しているうちに、彼が一番前に出た。
「ペース作るから着いて来て」
そして上野さんはズボンを脱ぐと列を外れたdash

そこからはどんどん下るshine走るshine駆けるshine
ペースが変わって一瞬戸惑うが、下りならなんとか行けるpunchそれに前を行く彼の脚に習えば、足の位置も大丈夫なはず。。
ひたすら足を見つめて走り続けた。

私が思い出していたのは、3年前の事。
周りに誰も山をやる人がいなかったけど、どうしても山を走ってみたくて単独で行ったのが「石川弘樹さんのトレランセミナー」
初めての山が、経験した事ないほど苦しくて、でも必死で付いて行って、最後には足も上がらなくなり両手で足を持ち上げたけど、脱落せず遅れる事なく走りきる事が出来た。
翌日はベッドから起き上がれなかった。
初フルよりも、初ウルトラよりも、今までで一番の体の痛みはあのセミナーの翌日だった。

そしてこうやって今は信越五岳を走ってる。苦しみも幸せに違いないじゃないかshine

リズムのいい走りにだんだん後ろがいなくなった。気付くと数名しか着いて来ていない。
でもチェリーさんは頑張ってくれた。
息も荒く、多分チェリーさんの下りスピードの中でも最高速だったんじゃないかな。
私の後ろをぴったり離れなかった。
苦手な下りを私の為に頑張ってくれているんだ。
胸が熱かったconfident

「下りで稼ごう。下りてからの林道7kmに少しでも余裕を持てるように。。。」
彼の言葉を信じて、着いていくことが、私がゴールできる唯一の道。そう思って必死だった。

山を下り切った。103km地点。
ここから7kmの林道。
残り時間は70分。

「キロ10分で行けば大丈夫だけど油断しないで。」

彼と別れ走り始める。
ここからはチェリーさんに引っ張ってもらう。2mぐらい離れた所でチェリーさんの背中を見ながら必死についていく。ここを走らなかったら私のゴールはない。
また吐き気が来たら完全に止まってしまう。走り続けなければ。。。キロ10分は今の私には安心できる時間じゃない。
微妙に登り続ける林道は果てしなく長く感じ苦しかったけれど、走り続けた。登りがあれば下りがあるから。。我慢だから。。

多分105km地点。水がなくなったbomb林道に入る前に水があったが、必死で気が回らなかった。。。
でも5kmなら水なしでいけるから・・と自分に言い聞かす。

上野さんがすっと私を抜いた。あぁ、やっぱり追いついてきた。上野さんは走れるんだから。最後の踏ん張りはすごいんだから。去年一緒に信越を走った私は知ってるんだからhappy02

107km地点ぐらい?
前からきょんさんが歩いてきた!
ここから一緒に併走してくれた。
私は走っていたけど、隣のきょんさんを見ると、ほとんど早足で歩いていた。
こんなに私弱っているのか。。。

まるで返事できない私に「あとちょっと」「間に合うから」と小声で囁いてくれる。私が限界で走っている事をわかってくれているのか、急かす事なく、穏やかに。

「間に合わないよ」「ぎりぎりだよ」きょんさんの優しさに甘えて、否定的な言葉を言っていたけど、心では絶対間に合わすと思っていたし、きょんさんの存在がありがたかった。

私の前で「1分足りないとか2分間に合わないとか、そんな事はやめようね!」と強気で最後ぐいぐい引っ張ってくれたチェリーさんと、私を安心させながら優しく励ますきょんさん。そして一緒に110kmを闘っている上野さん

私が出来るのはとにかく足を前に出す事だけだと必死で前へ前へと。。。。

チェリーさん「手つなぐ?(*^-^)」と一瞬つなぐ。
私は「失格になったらこまるからぎりぎりでいい(゚m゚*)」と放す。
実はそんなことはないと思ってたし、それよりもチェリーさんの手がほんのり暖かくて、だめな子供を大きな愛の心で受け止めてくれているようなそんな感覚。
私よりも手も体も小さいのに、チェリーさんは大きかった。私はチェリーさんが大好きだ。

スピーカーから流れる声がうっすら聞こえる。
道にいる誘導の方が、私に「お帰り!おめでとう!」と言う。

まだだよね?あとどのくらい?・・聞きたい衝動に駆られた途端、目の前が開けた!
ゴールに向うゲレンデだ!

あぁ、ゴールできるんだ。
とうとう着いたんだ。

ゲレンデの斜面コースの脇には点々と仲間の姿が。ライトが眩しくて、誰だか確認できない。
でも「かおちん!」と呼んでくれた人が何人もいた。
あれは誰だったんだろう。。

フィニッシュに最高な、あんな素敵なゴールゲートを、私はくぐれるんだ!!!!!

涙が止まらない。声も出る。
P9205456_3   

21時間53分24秒shine
チェリーさんと手を繋いでゴール!
チェリーさんと抱き合い、上野さんと抱き合い、全てに感謝した。

走ってきたコースを見て、「信越の山々、ありがとう」と心から深く思った。あんなにも私を苦しめた山々が、110kmの道のりが愛おしくてしょうがなかった。

・・・・続く

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ→クリック感謝ですcrown
にほんブログ村

« 信越五岳~レース2 | トップページ | クリール★シューズトライアル »

山レース*信越五岳2010」カテゴリの記事

コメント

あらためて、完走、おめでとう\(^o^)/

チェリーさんのブログと一緒に読むと、お互いの心理、気遣い、友情、すごく伝わってきますね。

あさって、チェリーさん、あさがおマラソンにくるようなので、話を聞いてみます…

たまには、光が丘に来てね。
そうそう、神田ミートセンター行くとき誘って!1人では行けない(ーー;)

よく頑張った!
林道までの下り、そこを頑張れたのって、かなりデカイね!
気持ち、だけでなく走りが良くなってるんかな?
もちろん、経験したこと無いけどチェリーさんや上野さんのペーサーの存在、って大きいんだろうね。これは、一緒に走ったもんしか分からんね。
2年連続他のレースとの絡みで見合わせたけど、これ読んでやっぱ出よう、って思ったよ。
レポも、お疲れ!

いやぁ、読めば読むほどに厳しさが伝わってきます。本当によく頑張りましたね。
素晴らしい仲間達と凄い経験ができて、友情が深まったのではないでしょうか。なんだか羨ましいですよ~(笑)

ゴールまで苦しい展開でよく頑張りましたね~。
吐いてまで走るということは想像できないです。
根性バリバリですね。見習わないとあかん。
完走おめでとうございます。
かおちんは自分を痛めつけるの平気?みたいで
雲の助やレオちゃんマンさんでも凹むよ。ホント。
二人とも修験道の山「大峰早駈け」50Kmトレイルランニングして
ヘロヘロでした。
これからレース立て続けですがお体壊さない程度に頑張ってね。
では( -。-)スゥーーー・・・ ( ゜口゜)さらば~

本当におめでとうございます。
残り時間ぎりぎりというのは精神的にも肉体的にもきつかったと思います。
尊敬です。

でも、一方で とても贅沢な時間を過ごされたんだなぁとも思います。
自分が自由に使える時間・支えてくれる仲間・応援してくれる友。

野辺山の完走は出来ても、「これは無理」と思います。

完走おめでとうございます。
チェリーさんとかおちんさんのブログを両方拝見して
涙ぐんでいます。
二人の関係ほんと素敵です。
また石川さんも。
走ったらほんとに幸せが見えるんですね。

★つっちーさんへ

ありがとう!
私って、マメに連絡とったりしないし、友達はすごく少ないんだけど(笑)チェリーさんは本当に大事な友達だよ。ペーサーとしては、私をわかっていてくれて最高だったよ。
あさがお、楽しんで一緒に走ってきてね!
リンコちゃん達の神宮ラン話も楽しみだよね。
神田ミートセンター・・・いつでも声かけてくれればいいよ(笑)

★レオちゃんマンへ

林道の下りが走れたから、なんとかゴールできたんだろうね。実際林道降りたときに思ったより時間がなくてびっくりしたもん。気づいてなかったから怖いよね。
ペーサーの力は大きい。それで完走率はぐっと伸びてるんだと思う!
来年はペーサーをやろうかと思っていたけど、またもう一度走りたくなったよ。
来年一緒に走ろうよ!私は信越でまだやりたことがあるから、また来年も行くからさ♪

でも京都も魅力的なんだよね~。ずれないかな。。。
長いれぽにおつきあいありがとう!

★さく蔵さんへ

もし一人で出たとしても信越に出れば一人じゃなくなるよ。
道中進む他のランナーとの触れ合いも楽しいしさ。
さく蔵さんも来年いかがですか?


★雲の助さんへ

私も吐いてまで走るという気持ちは全くわかりません(笑)
ロードだったら吐く前に、気持ちが悪くなった時点でやめてますね。
でも山に向かい始めるとゴールを目指してしまうんですよね。雲の助さんもそんな気持ちわかるでしょ?ゴールには想像を超える輝きがありますよね。
来年雲の助さんもレオちゃんと一緒にいこう!私手取り足取り全部段取りしてあげますから(笑)

修験道すごいですね!女子はほんとに入っちゃいけないの?すごいドキドキする~~。
関西行った時には、関西トレイルの手ほどきよろしくお願いします♪

今プチ故障気味なので、のんびりいきまーす♪

★路の途中さんへ

トレイルはロードと違って、時間が全く読めないからドキドキしますよね。
精神的にきつかったのは確かです。でも私よりチェリーさんのが元気な分、いろいろ考えられてつらかったと思う。私は朦朧としてたからよかったかな(笑)
野辺山とは違った楽しさが信越にはあります。何事も経験なのでやってみればー?!

★ミッキーさんへ

私は自分のブログ書いてないて、チェリーさんのブログ読んでないてます。
お互い一緒に走っていながら感じ方が微妙に違ったり、その変も面白いです。
石川さんは、もう言葉では言えません。私の中では違う域へと超越してしまいました。。
幸せ、見えますね。ミッキーさんも、走って、これからもたくさん幸せ見ていきましょう♪

10キロのトレイル練習をやってみた事はありますが、30キロ走より疲労が大きかったのを覚えています。
チェリーさんのブログと交互に見ていますが、お互いの信頼関係は友情を超えていますね。
野辺山もまだ経験ありませんし、トレイルの大会にも出ていませんがレポを読んで走ってみたくなりました(笑)
仲間がいれば辛くても頑張れるのですね。
もうすぐトレイル50キロの1週間後にフルマラソン・・・見習わなくてはいけませんね。(==)

詳細レポ・・・やっぱり感動だね!
ところどころだけど現場にいられて
かおちんとチェリーさんと接することができて
きょんは幸せです!
来年は一緒に走りましょう!(選手で出られるように頑張ります(^^;)

改めてお疲れさまでしたと申し上げます。
チェリーさんのブログとかおちんのブログの両方を読むととても興味深かったです。

ペーサー制度についての考え方は人によって違うと思いますが、なかよいものだと思いました。
しかし、彼の行動については、あまりめくじらをたてるつもりはありませんが、すこしやりすぎではないかという気がしないでもありません…。

★きょんさんへ

本当に楽しい3日間だったね!山レースはいいよね~♪
新潟は山が多いだろうから、きょんさんもたくさん練習できるし、来年チェリーペーサーと共に、一緒に走ろうね。私もペーサー探さなきゃな!

★かじやんへ

両方読むと色んな心の交叉が見えて面白いですよね!
ペーサー制度は外国ではよくあるらしいですが、日本では石川さんが初めて取り入れたので、ほんと素晴らしいと思いました。色んなレースがあるのが楽しいじゃないですか~♪

彼は心を引いてくれました。手を貸すではなく、気持ちを引っ張ってくれました。
彼がいたから気持ちを切り替えて走れた人がたくさんいたことと思います。
人はそれぞれで考え方もいろいろなので、もしやりすぎだと思ったのなら、彼のレースに出なければよい事ですよ!
私は素晴らしいレースで、経験しないのはもったいないと思いますが。

★アルフさんへ

トレイルは時間もかかるし、負担も大きいし、でも足とか膝とか故障はしませんよね!怪我はするけど(笑)
野辺山はロードなので、トレイルとは違うかな。
トレイルレースでおすすめなのは斑尾かな。アップダウンがそれほど大きくないし、トレイルレースにしたらエイドはたくさんあるし。
トレイルは場所によってまるで違う顔があるからいろいろ出るのが楽しいと思いますよ!

50㎞の翌週にフルとは言っても、夢舞はゆるゆるで7時間とか制限時間いっぱいかけて楽しく走るのでなんとか。
でもプチ故障してるんですよね~。治るかな(-_-;)楽しみます!

かおちん、完走おめでとうございますshine
その様な熱いドラマが繰り広げられていたんですねsign03感動sweat01
読んでて目頭ウルウル胸が熱くなりましたconfident

★おーちゃんへ

おーちゃんすごかった!最後までキノコでかっこよかった!!!
空身でも相当きついのに、あれじゃ熱いし、重いし。。。
ほんと走力に感服です!
今年はおーちゃんのブログを参考にさせてもらったので、来年もどうぞよろしくねbleah

かおちん、感動だよ~。
すごくがんばったね。
そして石川さんやチェリーさんをはじめとする周りのみんなのかおちんへの思い。
泣ける。
苦しみも幸せにつながっているんだね。

すぐに途中であきらめてしまう自分が恥ずかしい・・・。
私もハセツネがんばろうって、強く思ったよ~。

完走おめでとうございます。

読んでいて泣けました。
実はサロマで痛めおんたけを回避した左膝が三度目の下りで再発、グリーンハウスで
リタイアしました。
かおちんが抜いていってその後姿から「完走する!」という強い気持ちが伝わってきました。ロングはやはり「心が体を動かす」ですね。
完走したらもう信越五岳は来年、出ないつもりがリタイア、このままでは終われなくなりました。
来年、いい状態でスタートラインに立ち完走を目指します。

会場で声を掛けようと思っていましたがかおちんはいつも多くの仲間に囲まれていたのと
こちらも久しぶりのラン友らと一緒だったので声を掛けるタイミングを逃してしまいました。

信越五岳、本当にトレイルランナーにとってとても贅沢な幸せなレースとつくづく感じました。

★ゆき☆ちゃんへ

今回は一人じゃなかったから必死になったよー(汗)
ここまでしてくれる周りの人の為にもゴールしなきゃって思いでいっぱいだった。
だからかえってよかったのかもしれないよね。
たくさん苦しんでも幸せが待ってるなら、必死で頑張れるよね。
ゆき☆ちゃんも頑張ってるよ。
最後決めるのは自分。
頑張った結果の決断なんだから恥ずかしいことなんか一つもない。
ハセツネ応援してるからね!

★SHOさんへ

下り、案外どこも長かったですもんね。
お疲れ様でした。でもまた次がありますよ!!
その時は足をしっかり治して、思う存分走ってくださいね。今回の悔しさからも、きっと素晴らしい走りができますよ!

会場で私を見かけましたか?!それは残念!
私って顔覚えられないし、声をかけてくれるとすごくうれしいですので、次また会えるといいですね!

信越は山好きにはたまらない贅沢なレースですよね。
大好きになりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538045/36901070

この記事へのトラックバック一覧です: 信越五岳~レース3:

« 信越五岳~レース2 | トップページ | クリール★シューズトライアル »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今後のレース予定

Favolite


無料ブログはココログ