フォト

カテゴリー

« 信越五岳~レース1 | トップページ | 信越五岳~レース3 »

2010年9月23日 (木)

信越五岳~レース2

予想ペースとほぼ同時。
16:40に5A到着

2階の更衣室に上がった。気持ちを切り替える為、下着もすっきり変えた。
P9195442 
チェリーさんには何も言う必要がなかった。
私が欲しってる事を察し、私が言う前に全てやってくれた。素早く完璧で見事だった。心から感謝confident
そしてちょっと誇らしい。「私のペーサーはこんなすごいんだよ」って周りに言いたい気分だった。

着替え終わり広場に下りた。補給とハイドレ。
色んな物があったけど、食べたのはミネストローネ2杯とアミノブースでもらった梨4個。お饅頭やおにぎりは食べたくなかった。
そしてトイレに行くと尿が鮮やかなオレンジ色になっていた。水分足りないのかなぁ・・
P9195446_3
さて、スタートupエイドの滞在時間は15分。上出来だshine
ゆっくり歩いてダムの階段を上がる。

水を口にしたが、体に入っていかないのを感じる。
楽なペースで進むが、どんどん抜かされる。
あれ?体感一緒だけどペースが落ちてるtyphoonパフォーマンス落ちてるのか。。。
P9195448
「グミ食べる?」「おにぎり食べる?」と聞いてくれたけど、全部食べたくない。。
そっけない返事しか出来なくなってる自分を感じた。なんだか体が変だ。
お腹が痛くなったので、タイツのウエストの部分を折り返して腰骨の上に乗せお腹に圧迫がかからないようにした。
おんたけウルトラの時は、タイツとお腹の間にずっと手を入れてお腹に当たらないようにしていたなぁ・・。

70km手前ぐらいの所だろうか、上野さんがスッと私たちを抜いていった。声をかけると立ち止り、一緒に行こうと進み始めた。
上野さんは後半でも元気だdash

私といえば急激に気持ちが悪くなって一層ペースが落ち、端に座り込んだ。チェリーさんも隣に座るが、私は上野さんに「先に行って」と促す。上野さんは「一緒に進む」と隣に座った。

そして私は・・・・吐くcrying

たいして出はしないが、なんだかちょっと楽になった。
おんたけで吐いたのは40km地点、そこから歩いて30km進めたし、その時点で時間の余裕もあった。
ってことは、70kmで吐いた今、100kmまでは歩いてでも進めるはず。もし途中少しでも走れればゴールできるに違いない。

まったく違うレースで、そんな比較もできるわけないのに、そんな事を考えていた。

アサミさんが一度通り過ぎたけど引き返して声をかけてくれた。
お気遣いに感謝。

そろそろと歩き始める。
ここからしばらく登りも下りも歩きの旅。

チェリーさんの呼びかけや話に一切反応できなくなり、声すら出せなかった。声を出すと吐きそうになるのだ。
前の上野さんと後ろのチェリーさんが私を挟むようにしながら、会話をしてくれている。返事は出来なくとも、二人の会話を聞いていると、気持は落ち着き、辛さや気持ち悪さから離れる事が出来た。
まるで二人のペーサーを持っているようで、とっても贅沢な道のりだったnight
P9195452
6Aのエイドで椅子に座っている自分が不思議だ。
ウルトラでも椅子に座る事はまずない。動き続けている方が楽だと思っているし、休んだら動けなくなる私なのに、こう見るとやっぱり相当弱っていたんだな。

7Aに向かう途中、上野さんが計算しはじめて、このペースじゃ間に合わないかもしれないと言う。
幸い気持ち悪いのも治まってきた。少し走れそうだ!

下りと平坦は走り始める。
上りは相変わらずゆっくりじっくり上がる。
でも足のバネがなくなって突っ張っているから、何度も転んだ。

上野さんが「石あるよ!」「溝だよ!」「泥々だよ」と声をかけてくれる。
昨年私が上野さんのペーサーをした時と全く同じようにflair
普段だったら「上野さん真似して~(*^m^)!」と突っ込むところだけど、あるのは有難い気持ちだけ。今年は私が上野さんにたくさん助けられてるねconfident
悪路のコース取りはすごく疲れるのに、そんな所はすべて前を行ってくれたrun

私の状態を間近で見ている二人は、時間的にはきっと厳しいと思っていたんじゃないかな。
私は進めばどうにかなると思っていたし、この場に及んでも時間切れになるなんて考えてなかった。体調が悪かったので、その感覚が麻痺して幸いだったsweat01

6Aで何かを口にしたが、その後しばらく気持ち悪くなるので、その後のエイドでもスープ類は口にしたけど、固形物は避けた。
ハンガーノックが怖かったけど、途中ダメそうならば、チェリーさんが用意してきてくれているものを食べようと思った。

チェリーさんが、「グミ食べる?」と言ってくれて、「食べる」と応えられた時、チェリーさんが逆にびっくりしたようだ(笑) もう何十回と聞いてくれていたのに、「食べない」としか答えられなかったから。
チェリーさんも一時眩暈がすると言っていた。
私にばっかり気をまわしていて、自分でもちゃんと食べているか心配だった。

8A到着!関門通過したヽ(´▽`)/
閉鎖30分前の23:30ぐらいだっただろうか。
ボランティアのきょんさんが居た!私たちがこないからハラハラしていたんだろうなぁ・・

P9195454
そして石川弘樹さんもいた。OSJの滝川さんも!(同日開催のクロスマウンテンはどうしたんだろうcoldsweats02
私達に、先のコースを細かく説明してくれている。。
疲労困憊で頭に入らないcrying

でも、やっぱり元気でた!前へ進む気持を貰える。

おそばのおつゆだけ飲んだ。おそばは怖々2本ぐらいsweat01「よく噛んで」と弘樹さんに言われたので、じっくり噛む。
Sbsh0017

「ゴールに向かいます!」と宣言し、関門のチェックを受け、先へ進む。。


ゴールしなきゃだめなんだよ。フォローしてくれてるチェリーさんや上野さんとゴールに行かなきゃだめなんだ。

この先、最後の登り、コースで一番高い瑪瑙山(メノウサン)1748m。3回の登り下りが待ち構えている。
制限時間まであと4時間。ゴールまで19km。。。。

・・・・・・続く

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ→クリックありがとうfuji
にほんブログ村

« 信越五岳~レース1 | トップページ | 信越五岳~レース3 »

山レース*信越五岳2010」カテゴリの記事

コメント

・・・過酷さに、思わず息をのみます。凄い。

頼りになるペーサーがいると心強いですね。
後半になると食欲が落ちるのは分かります。
無理にでも何か固形物を取って、胃の粘膜を保護しなければならないようですね。
レース中は緊張しているので気分が悪くなった事はありませんが、レース終了後2時間後くらいに気分が悪くなった事があります。
トップランナーのようにもっと胃を強くしたいですね。

「ゴールに向かいます!」

いや~、仕事中にもかかわらず、何回読んでも、思わず涙がこぼれちゃいます。
感動というのとも違う何か…♪

神々しいというか…言葉を失うというか…

すごい世界、想像を絶する世界。

文章と写真のギャップ…写真だけどみると、楽しそう…。

写真は、ハイキングの写真っていってもわからないね。

写真には、苦しい顔は写させない、女優ですか???(^ ^)

★さく蔵さんへ

過酷でした。体調を崩さない。。。これは実はすごい難しい事ですよね。さく蔵さん、胃腸は丈夫?(汗)

★アルフ1827さんへ

ペーサーの存在は私にはなくてはならないものでした。ペーサーいなかったら完走できませんでしたよ(汗)

固形物を無理に取れるのはまだ元気なんですよ。弱ると、固形物はもちろん、水でも吐くようになります。今回も66kmまでは順調にしっかり食べて負担なく走れてたんですけどね・・・
ロードは大丈夫なのですが、山はダメです。上下動で胃が揺れるんでしょうね。
石川さんのようなトップランナーでも、吐いて走れなくなることがあるそうです。体調管理と胃を鍛えることはやっていかねば!!!

★まさどんへ

読んでくれてありがとう♪
まさどんも涙もろいのね~。私も書きながら会社で泣いてるけど(笑)
とってもいい経験でした。
山ってやっぱりいいです!

★つっちーへ

あまりにひどい写真は載せないし~(笑)
でもね、本当に苦しかったよ。
チェリーさん、上野さん、彼の3人がいなかったら私はゴールできてなかっただろうし。
写真。。すごいのが見たかったら今度見せてあげるのでどうぞ(笑)

涙が出そう。
終わったことと解っていても、がんばれ~と応援してしまいます。

★路の途中さんへ

路の途中さんはトレイルはあまりやらないの?
今度一緒に行きませんか?
山には山の独特の世界があって、すごく楽しいですよ。
時間がかかるから家族の理解は必要だけど(汗)
応援ありがとう!

こんばんわ!初めましてゆーたと申します。茨城県でナースマンとして働き、トレランに今年から憑りつかれています。

ブログ楽しく拝見させていただいています。

70kmを過ぎて気持ち悪くなり吐いてしまうのは低血糖と疲労ではないでしょうか?

一般的に血糖値が53mg/dlになると発汗、手足の震え、吐き気、不安感、霧視
48mg/dlになると集中力低下、眠気、めまい、呂律が回らないなどの体からのサイレンが出る場合が多いです。

レース中にどんなに捕食していても70kmも走れば体の中のエネルギーは枯渇してしまうと思います。少し体調がおかしい?と思ったら休んで何か食べる!
なにか食べてそれを消費するのにもカロリーが必要なのでレース中空腹感を感じたら早急に食べなければ走り続けることは出来なのではないかと思います。


くどくどすいません。。。。とにかく週末マダラオ50K羨ましい!頑張ってくださいねー。

★ゆーたさんへ

私は過去の記事にも書きましたが、酷い貧血。。今は毎日鉄剤飲んでますよ~。
それと低血糖からのリバウンドも可能性があるんじゃないかと言われました。
低血糖から急激に上がるのを防ぎ、今回も前半はちょこちょこ食べたんですよ~。歩いてたときはなんか探して口に入れてました(笑)

でも、110kmの距離で夜中になるので、そりゃ誰だって疲れるし低血糖にもなるし、ヘロヘロになりますよね。。常に注意して走らないといけないと思っています。

ペースはゆっくりだし、70kmまではほんと元気でしたよ~。
でも気持ち悪くなると、水すら飲めなくなるんです(涙)水で吐いちゃう。。

ロードは大丈夫なんですよ。。。トレイルの上下動が気持ち悪くなるのでは?と思われます。上下が激しいおんたけでは40kmできましたから。

次回は酔い止めを試す予定です!

ナースマンのゆーたさん、これからもアドバイスお願いします!ありがとうございますhappy02

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信越五岳~レース1 | トップページ | 信越五岳~レース3 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今後のレース予定

Favolite


無料ブログはココログ