フォト

カテゴリー

« UTMF完走記~2 | トップページ | UTMF完走記~4 »

2013年5月 9日 (木)

UTMF完走記~3

昼間はなんなく走れる。
よく食べられているせいだろうか。
そしてsaruちゃんと一緒に進んでいるせいだろうか。

今回はとにかく脱ぎ着を面倒がらずにマメにやった。暑いなと思えばすぐに一枚脱ぎ、寒いなと思えば羽織る。汗をあまりかかないで進むことは体力の消耗も抑えてくれるし。

saruちゃんが脱いで、でも私はまだと思い、その5分後に脱ぐ。
一緒に脱げば時間も短縮になるのだろうが、お互いを気にせず自分の体の調子を見ながら脱ぎ着をした。

登りは歩いたけど、下りや走れるところはすべて走ってこれている。

Dsc_0415

エイドが近づくと、いつも仲間が迎えに来てくれていた。
心が暖かいconfident

Dsc_0421

すばしり(105.3km)
in 18:14  out 19:05

一日以上走り続けたとは思えないぐらい元気だった気がする。
多分仲間が待っていてくれたから。
毎回のエイドが本当に楽しみでしょうがなかった。

Dsc_0440
夜支度をする。

これから行く、きらら、杓子山は相当寒いらしい。零下になるかも。
フリースを着るか、MHW防風タイツを履くか…いろいろ考えた結果、ダウンとトレントフライヤーを着ることにした。
肩があまりに痛くて、少しでも背中の荷物を減らしたかったから。

Dsc_0452
相変わらず肩もんでもらっている…

磯辺焼がなくなっていたのが残念だったけど、お雑煮を二杯食べた。
石井さんやなべちゃんやまさやんや…みんなが気をつかって持ってきてくれた。

saruちゃんがトイレに行くのを待ってスタートする。
こういう風に、じっくりと休養して焦らずスタートできたのが、良かったのではないかと思う。

でも、いい加減二人共疲れてきている。会話も少ない。

私は

゛もしかして、saruちゃんには私が足でまといなんじゃないか?お荷物になってるんじゃないか゛

などと考え始める。

゛だったら先に行ってくれればいいのに…゛

あまりの疲労で、ちょっとひねてきている自分を感じた。
saruちゃんがあまり喋ってくれないと抗議した気もする。


……二日寝ないって怖いことだ…(ーー;)


きらら(121.7km)
in 23:22   out  23:51

Dsc_0484

寒い…。
でもきっとサポートのみんなのがもっと寒い。
疲れているだろうに。
眠いだろうに。
Dsc_0531
ここで荷物のチェック。
言われたもの6品ぐらい?ザックから出してチェックは通過。
ちょっとドキドキした。

Dsc_0542

暖かいものが美味しい。相変わらずミルクティー。
胃が落ち着く気がする。

Dsc_0559
さすがに二人共顔が疲れてる(笑)
でも、前に進むことしか考えてなかった。
途中でダメになるとか一つも考えなかった。
一緒に進む仲間がいるのは本当に心強く嬉しい事だ。


きららを出て登った山は、石割山。
…… 全く覚えていない( ̄▽ ̄;)!!


二十曲峠(127.6km)
in 1:37

ここでは六花さんのチェックを受ける。
屈伸をしたが、なんか足は滑らかに動かない(ーー;)
でも、痛いところは全くなかった。
936305_245673822238243_1583089408_n
着膨れしていてすごいカッコ(笑)

ミミちゃんと一緒になる。
ミミちゃんは、今回誰よりも試走にたくさん行っていたので、なんとなく一緒に居れる事が心強かった。


ここから噂の杓子山に入る。

杓子に向かう途中の登り…あまりの眠さで朦朧とする。
2徹は人生で初めての経験だ。
とにかく口を動かさなきゃと思い、しゃべり続ける。
゛やばいよー゛ ゛眠いよー゛ ひたすら同じ言葉を言い続けてた気がする。
saruちゃんは黙々と進んでいて返事をしてくれない。

私はまた不満を言う(ーー;) 

そうこうしているうちに極端に斜度がきつくなる。
ロープや手を使ってよじ登るようになってくる。
崖のような壁がそそり立つ場所も。
眠気が吹っ飛んだ。

バランスを崩したら下まで落ちる。
そして上からも人が落ちてくるかもしれない。
自分も石を落とさないように慎重に…。
恐怖で鼓動が早くなる。

延々と手を使って登り続け、やっと登ったと思ったら、まだ杓子はその先。。。

昨年は天子山塊が辛いキツイ場所だったけれど、今年のUTMFの代名詞は、何を言おうが杓子。
本当にすごい場所だった。

941763_445930988830693_1078180364_n
ももちゃん、saruちゃんと記念撮影。
この日も月が綺麗だったfullmoon

さぁ、もう登りきったからあとは降りるだけ!!!
凍ってて怖かろうが、ガレてて滑ろうが、登る辛さに比べたらなんてことない。

もしかしてゴールできるかも…。
ここでやっとそんなことが頭をかすめた。
でもまだまだ、考えちゃいけない。

私達が目指すのは目の前の事。
サポーターに会える富士小学校だ!!!   

→ 4に続く。 :

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ→クリックありがとう♪
にほんブログ村

« UTMF完走記~2 | トップページ | UTMF完走記~4 »

山レース*UTMF/STY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/538045/51563058

この記事へのトラックバック一覧です: UTMF完走記~3:

« UTMF完走記~2 | トップページ | UTMF完走記~4 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今後のレース予定

Favolite


無料ブログはココログ